α-DAYLIGHT CALL~お出かけ情報~

20121118

【水辺を彩る紅葉スポット】

まずは、京都エリア・・・
保津川に沿って亀岡から嵐山を結ぶ、約16kmの渓谷『保津峡』では、
現在、紅葉の見ごろを迎えています。
四季折々で、美しい景色が楽しめる保津峡ですが、秋は赤や茶色の紅葉に彩られ、
川下りを楽しみながら、眺める景色はまさに絶景です!
また、朝がぐっと冷え込むこの時期は、朝の9時、10時の便に乗船すると、
霧のに包まれた神秘的な雰囲気の船旅を楽しむことができます!!
さらに!12月10日からは「お座敷暖房船」の運航も始まります。

つづいて、奈良エリアからは・・・
古くから、和歌にも詠まれ、紅葉の名所として知られる『竜田川』
約2kmにわたる川のほとりは、県立公園に指定されています。
現在は、桜の木は色づいているものの、モミジは12月初旬にかけてが見ごろとなりそうです。
モミジが色づくころには、川岸が真っ赤になり、竜田川の水面に映る紅葉や
流れてくる落ち葉にも、日本らしい風情を感じることができます。
また、紅葉が見ごろを迎える12月1日(土)と2日(日)の2日間は、
竜田公園にて『竜田川紅葉祭り』が行われます。

そして、滋賀エリアでは・・・
滋賀県の名水といえば、梅花藻で有名な醒ヶ井。
その醒ヶ井の豊かな湧き水を利用した日本で最初の養鱒場『醒ヶ井養鱒場』があり、
現在、紅葉が見ごろを迎えています。
場内に植えられたモミジやブナの木などが、赤や黄色、茶色に色づき、
周りを取り囲む山々とのコントラストもとってもキレイ~☆
渓流沿いや養殖池を眺めながら、ゆ~っくり歩いたり、もちろん!魚釣りを楽しむこともできて、
ニジマスなどの釣った魚は、その場で焼いて食べることができますよ~♪

goTop