映画『6才のボクが、大人になるまで。』

20141115

今日は11時ごろ、昨日全国ロードショーとなった映画
『6才のボクが、大人になるまで。』をご紹介♪
20141115eiga.JPG

タイトル通り、6歳の少年の目線で語られる物語となっていて、
あどけない少年が、凛々しい青年へと成長していくまでの12年間の日々を
彼の家族との関係を軸にしながら描いています。

実はこの映画、実際に12年間かけて撮影が行われました。
なんでも、その12年間、
毎年一度は顔を合わせるようにスケジュールを調整して
3日間から4日間の撮影を行ってきたそうで、
その年月の積み重ねがようやく今回、家族の物語として紡がれた…というわけです。
ドキュメンタリーではなく、フィクションの物語で
こういった撮り方をするのは、おそらく映画史上初のこと!!

お楽しみに・・。

goTop