3/26 Meets the Kyoto

20180326

「Meets the Kyoto」。
このコーナーでは、京都府内の様々な地域のイベントや
グルメなどのお出かけ情報から
リスナーの皆さんの生活に必要な情報まで、
京都の「今」を幅広くお伝えしていきます。

今日は八幡市にある『単伝庵』をご紹介します。

お茶の京都・八幡市にある『単伝庵』は、江戸時代初期に創建されたお寺。
“通称・らくがき寺”と言えば、ピンとくる方も多いかもしれません。
“らくがき寺”という名前の通り、お堂の壁は参拝者の“落書き”で
びっしりと埋め尽くされている、全国でも珍しいお寺です。

『単伝庵』の落書きは、大黒様が祀られているお堂に書かれています。
もちろん書かれているのはただの落書きではなく、
「一番叶えたい願い事」です。このお堂を建てた昭和32年、
大黒様に願いが見えるようにと始まったようで、
落書きするにあたっては、「備え付けのペン以外では書かない」
「落書きは白い壁部分のみ」「今後の参拝者のためにもなるべく小さく」
など、いくつかのルールがあります。

注意事項を守れば、文化財に“落書き”ができるという『単伝庵』。
少し背徳感を感じながら、お寺に“落書き・願い事”を書いてみませんか?
書かれた願い事を見るだけでも楽しいですよ。
ちなみに願い事が書かれた白壁は、大晦日の日に塗り替えられます。

『単伝庵』
アクセス:京阪「八幡市駅」
~京阪バス「旦所停留所」下車スグ

> MEETS THE KYOTO INFORMATION >>>>>>>>>

春になると桜が咲き誇り、
ほのかなピンクに彩られる八幡市の淀川河川公園の背割堤。
約1.4kmにわたって続く、満開の桜のトンネルは圧巻です。

「背割堤さくらまつり」期間:3月31日(土)~4月10日(火)
飲食店などの露店「さくらマルシェ」や、
船から桜を眺めることができる「さくらであいクルーズ」など
楽しいイベント満載です。

アクセス:京阪「八幡市駅」から徒歩10分。
阪急「西山天王山駅」からシャトルバス運行中
※会場には一般駐車場がありませんので、公共交通機関をご利用下さい。

問)「淀川河川公園管理センター」
電話 06-6994-0006

 

 

goTop