5/24 Meets the Kyoto

20170524

今日は京田辺市の「酬恩庵一休寺」をご紹介します。

京都府南部に位置する京田辺市は、古くから交通の主要として栄えた
歴史文化に富んだ町です。
京田辺市の歴史文化スポットの一つ「酬恩庵一休寺」は、
名前の通り、“とんち”で知られる一休さんのモデル・一休宗純が
晩年の住まいとして過ごしていたことから名付けられた
一休さん ゆかりのお寺です。

本堂をはじめ玄関や浴室など、境内のほとんどの建物が
重要文化財に指定されているほか、趣の違う庭園が3つもあるという
見どころの多いお寺です。
また宝物殿には、一休さんが書いた“書物”など、
一休さん にゆかりのある作品が展示されていてます。

アニメではない、本物の一休さんがどんな人物だったかを
垣間見ることが出来ます。

紅葉の時期以外は、境内をゆっくり散策できる「一休寺」で
心静かに過ごしてみてはいかがでしょうか?

「酬恩庵一休寺」へは、京阪バス「一休寺道」を下車して歩いて5分。
かわいいイラストが入った大きな看板が目印です。

 

>MEETS THE KYOTO INFORMATION>>>>>>>>>>

自動車をお持ちのみなさん、自動車税の納付はすまされましたか?
自動車税の納付期限は、5月31日・水曜日です。
納付場所には、京都府の府税の窓口、各種金融機関のほか
24時間、休日でも納付可能なコンビニもご利用いただけます。

詳しくは、納税通知書に記載の窓口までお問い合わせください。

 

 

 

goTop