10/3 MEETS THE KYOTO

20161003

今日は大山崎町の
「アサヒビール大山崎山荘美術館」をご紹介します。

京都府の南西、天王山のふもとに位置する大山崎町は、
自然や歴史、そしてウイスキーの街としても見どころの多いスポットです。

「アサヒビール大山崎山荘美術館」は、
天王山の南のふもと、ハイキングルートの途中にあります。
およそ5500坪の敷地には、英国風の山荘の美術館本館と
安藤忠雄設計の「地中の宝石箱」、「夢の箱」といった建物、
季節ごとに表情を変える広々とした庭園で構成されています。

美術館本館は、関西の実業家で「ニッカウヰスキー」の創業にも
加わった加賀正太郎の別荘・大山崎山荘として建設されました。
加賀が亡くなったあと、山荘の所有者は何度か変わり、
1990年代には、ついに取り壊しの話まで出ていました。
これに反対し、協力したのが、ニッカウヰスキー創立の際、
加賀と縁のあった「アサヒビール」だったというわけです。

それから大山崎町とも協力しながら山荘の内部や庭園を改装し、
1996年、現在の「アサヒビール大山崎山荘美術館」として開館。
特色あるコレクションと近代建築が、豊かな自然とともに
楽しむことのできる美術館として、多くの人に親しまれています。

今年、開館20周年を迎え、記念の展覧会が開催されています。
近代の大山崎町を見てきた山荘と一緒に、こちらもお楽しみください。

(問)「アサヒビール大山崎山荘美術館」総合案内窓口
TEL075-957-3123

Meets the Kyotoインフォメーション>>>>>>>>>>>>>>>

「第14回 京都学生祭典」
左京区の平安神宮前、岡崎プロムナード一帯を会場に、
京都学生祭典から生まれたおどり“京炎そでふれ”の
全国おどりコンテストをはじめ、さまざまなステージの企画が催されます。

他にも 展示や体験、縁日ブースなど
お子さんから大人まで、一日中楽しめる催しが盛りだくさんです。

昨年14万人もの来場者で賑わった「京都学生祭典」。
ぜひお越しいただき、輝く学生たちからパワーをもらってください!

【第14回 京都学生祭典】は、10月9日(日)午前11時から午後7時までです。

詳しくは、「京都学生祭典実行委員会」
電話 075-353-9432 までお問合せください。

goTop