LUXURY TIME

20090810

この「LUXURY TIME」では、
平日のアフターファイブや週末を華やかにしてくれる
お酒を紹介するとともに、
ホテル「ハイアット リージェンシー 京都」の魅力をお届けしています。

今日ご紹介するのは、「ベリーニ」というカクテル。
スパークリングワインと白桃のピューレを使って作られるカクテルです。
「ベリーニ」はその昔、
イタリアはヴェネツィアにある老舗のBAR「ハリーズバー」で誕生しました。
ハリーズバーは、1931年からのイタリアでも老舗中の老舗。
ベリーニの他にも、牛肉のカルパッチョが生まれたのもこのBARで、
かつては王族や貴族はもちろん、多くの芸術家たちからも愛されていました。
もちろん、現在も世界的に有名なBARとして名を馳せています。
「ベリーニ」は、1948年に
ハリーズバーのジュゼッペ・チプリアーニによって作られたカクテルで、
その年に行われたルネサンス期のイタリア人画家
「ジョバンニ・ベリーニ」の展示会のお祝いとして、その名がつけられました。
その鮮やかなピンク色は、ベリーニの絵画をイメージしたものと言われています。

オリジナルのレシピは、イタリアの辛口スパークリングワインのプロセッコを使用。
この「プロセッコ」は、イタリア人の多くが、
オリーブとともに食前酒として飲むことでも知られています。
そのプロセッコをベースに
フレッシュの白桃をピューレ状にしたものを2対1の割合でタンブラーに入れ、
グレナデンシロップを沈めて作ります。
少し前までは、白桃の美味しい季節6月から8月の間しか提供されないカクテルでしたが、
現在では、真空状のまま冷凍し、1年中提供できるようになりました。

イタリアで生まれた「ベリーニ」は、その後、
かの文豪「ヘミングウェイ」によって、世界的に有名となりました。

梅雨が明けて、暑さが増したここ京都。
甘味の増した旬のフルーツを使ったカクテルで、夏の夜を涼しく、お過ごしください。

ここからはホテル「ハイアット リージェンシー京都」の魅力をご紹介します!!
「ハイアット リージェンシー 京都」では、開業3周年を記念して、
現在、「ザ・グリル」「トラットリア セッテ」「Touzan」の各レストランで、
「アーリーバードスペシャル」を実施しています。

ゲストへの感謝の気持ちを込めたこの「アーリーバードスペシャル」は、
各レストランご利用日の3日前までに、
ランチまたはディナーを予約いただいた方に限り、
ご利用料金から、30%を割引きするというサービスです。
3日前までに予約の際は、「アーリーバードスペシャル希望」とお伝えください!!
この夏休み、お盆休みにご家族、ご友人と集まる際、
普段は少々高いかな?と思うホテルのレストランも
アーリーバードを利用いただくと大変お得です。
ホテルレストランは、人数が多くても対応できますので、
ゆったりとお食事をお楽しみいただけます。

それでは、割り引きの対象となる各レストランをご紹介しましょう。
まずは、ホテル1階ロビーフロアに構えるレストラン「ザ・グリル」。
「ザ・グリル」は、ブッフェスタイルの朝食やボリュームのあるランチ、
フレンチスタイルのディナーなど、1日を通して利用できるレストランとなっています。
3547.jpg3549.jpg

天井が高く、オープンスペースとなっている店内では、
シェフの声や料理をする音、さらには食材の香りがテーブル席にも届き、
大きな窓からは、せき石ていえん庭園を見渡せるなど、
お料理が出てくるまでの時間も話題がつきません。
お料理は、薪オーブンがあるオープンキッチンで調理し、
旬の素材をシンプルな味付けでダイナミックに仕上げ、最高にジューシーです。

ランチセットメニューは、
「サンドウィッチ セット」「京都日吉ポークのグリル」「大山地鶏もも肉のソテー」
「鮮魚のグリル」「ニュージーランド産ビーフステーキ」以上、5種類あります。
全てのセットに、メイン料理にあわせた一品とデザートがついて、ボリュームたっぷりです。
また、週末には、
ビュッフェスタイルでお料理をお楽しみいただけるメニュー「ザ・ブランチ」も人気です。
夏休みですので、普段忙しいお父さん、お母さんもお子さんと一緒に、
御家族で、優雅な休日をお過ごしください!!

レストラン「ザ・グリル」を予約の際は、
電話075-541-3203となっています。

続いて、ホテルロビーフロアから続くらせん階段をのぼった2階にある
「トラットリア セッテ」は、カジュアルなスタイルで楽しめる正統派イタリアン。
七条通りからかかる橋をあがると、外からも直接お店に入ることができます!!
店内のテーブルは、京都国立博物館や石庭園を見渡せる窓に沿って配置されています。
イタリアンレストランには珍しい、6名掛け・8人掛けのテーブルもありますので、
グループやファミリーでゆったり食事をお楽しみいただけるのもポイントです。
90120-2.JPG90120-3.JPG

大人気のランチセットメニューは、週替わりのパスタがメインの「パスタセット 」!
ボリュームたっぷりのナポリスタイル「石釜で焼くピッツァセット」!
偶数月はメインに「お魚料理」が、
奇数月はメインに「お肉料理」が登場する「Pranzo」。
そしてリピーターからのオファーによって実現した豪華な「スペシャルランチ」があります。
カジュアルな雰囲気で、最高のイタリア料理をお楽しみください。

「トラットリア セッテ」を予約の際は、
電話 京都075-541-3204までお問い合わせ下さい。

最後は、ホテル地下1階ガーデンフロアにある日本料理レストラン「Touzan」。
地上に向かって吹き抜けの石庭園があり、
店内からは、その自慢のお庭を望めたり、陽の光もしっかりと差し込んでいます!
また、店内は、京都らしい和のテイストと斬新なデザインが融合した空間が広がり、
オープンな寿司カウンターと炭火焼カウンターがあるほか、
8人まで一緒に食事ができるセミプライベートルームが5つ、
16人が一堂に集える完全プライベートルーム も1つあります。
結婚の際の両家お顔合わせや、ご家族のお祝い、会社の会合などにご利用ください!
0407touzan2.JPG0407touzan4.JPG

お料理は、寿司カウンターや炭焼きカウンターを活かしたコンセプトをもとに、
京都では珍しい江戸前スタイルのお寿司や炭火料理にフォーカスされています。
ランチセットは、幅広い層に人気の定番メニュー「松花堂弁当」セット。
新鮮なネタだけをセレクトした全10貫のお寿司が、
竹カゴに入って登場する「お寿司の盛り合わせ」セット。

そして先月から新登場となった「蕎麦の膳」セットと、
全部で3種類あり、すべてのセットメニューにデザートがついています!
日本料理レストラン「Touzan」を予約の際は、
電話 京都075-541-3201までお問い合わせください。

今ご紹介した各レストランでは、
京都の夏を感じる食材をふんだんに取り入れたお料理が、満載なんですが、
中でも、注目すべきは、すべてのレストランで、
長澤農園で収穫した、安心・安全で、新鮮な有機野菜を一部使用していること!
090810luxury2.JPG090810luxury4.JPG

長澤農園は、400年続いていて、
現在は、17代目の長澤源一さんが、
無農薬野菜栽培の第一人者として、受け継がれています。
090810luxury12.JPG

農園にお邪魔すると、ハイアット リージェンシー 京都が借りている農園内の畑に、
ホテルスタッフの方が20人ほど来られ、
野菜を収穫したり、指導を受けながら葉っぱや枝を取り除いたりされています!
090810luxury1.JPG090810luxury10.JPG

プロによる徹底した指導のもと、ホテルスタッフの皆さんが、
汗を流している様子を見学させていただいて、
美味しくて、安全な野菜を育てるということが、
どれほど大変なことかがヒシヒシと伝わってきました。
090810luxury8.JPG090810luxury9.JPG

もちろん、ただ育てるだけではありません!
同じ野菜でも、サトウキビ、イワシ、ニシンと、
肥料を変えたりすることで、味への探求も徹底しています!
090810luxury5.JPG090810luxury6.JPG
090810luxury7.JPG

それは、イタリアンのレストランだと酸っぱい味のトマトの方がトマトソースにいいとか、
グリル料理のレストランだと、サラダに甘いトマトがいいとか。
レストランによって、ほしい味は異なるそうです。
そこで、肥料を変えるなど、実験的な栽培も行いながら、
野菜の美味しさへのこだわりもトコトン追及されています。

野菜の生産者だけじゃなく、
野菜を食材として扱うホテルスタッフも畑に足を運ぶことで、
相互間にコミュニケーションが生まれる。
そのコミュニケーションが積み重なることで、
レストランで出すお料理に最適な野菜が育っていく。
本当に素晴らしいことだと思います。
090810luxury13.JPG

すでに、各レストランにおいて、
長澤農園で収穫した安全で美味しい野菜が登場しています。
もちろん全てのレストランにおいて、アレルギー表示も行われていますので、
苦手な食材やアレルギーなどある場合は、気軽にお問い合わせください。

今日ご紹介した各レストランの詳細は、オフィシャルサイトでご覧いただけます!
「ハイアット リージェンシー 京都」のHPはコチラ

goTop