LUXURY TIME

20091215

この「LUXURY TIME」では、
平日のアフターファイブや週末を華やかにしてくれる
お酒を紹介するとともに、
ホテル「ハイアット リージェンシー 京都」の魅力をお届けしています。

今日は、「シャンパンをより楽しむマナー」についてのお話です。
シャンパンは、味はもちろんのこと、
いつまでも立ち上る泡も魅力のひとつです。
シャンパンには億の泡が含まれているといわれています。
本場シャンパーニュの人々は、シャンパンを飲む際、
泡を夜空に輝く星に見立てて、「星を飲む」というロマンティックな表現を使うそうです。

また、お祝いの席やパーティーなどでシャンパンを開けるとき、
豪快に「ポンッ」という音を立てて、盛り上げますが、
レストランでの食事など、普通の席ではその音があまりふさわしくありません。
なるべく音が立たないように、
「シュッ」と小さく鳴るくらいがベストといわれています。
その「シュッ」という音は、
その優雅なイメージから「淑女のため息」や「天使のため息」とも呼ばれています。

グラスにシャンパンを注いでもらうときは、
グラスを手に持って受ける必要はありません。
気になる時はテーブルにあるグラスにそっと手を添えましょう。
そして、グラスにシャンパンが注がれたら乾杯の準備。
脚付きのグラスはカップの部分を持つのではなく、
ほっそりとした脚=ステムの部分を持ちます。
また、5本の指で持つと、よりきれいに見えます。

乾杯の瞬間。
場の雰囲気によっては考えてしまうグラスのぶつけ合いですが、
マナー違反ではありません。
その代わり、繊細なグラスに傷がつかないよう控えめに…がポイントです。

最後に、シャンパンは、味だけでなく、香りも楽しめるお酒です。
パーティーとなると、ついつい装いに夢中になってしまいがちですが、
シャンパンの香りや風味をたっぷり楽しみたい時は、
香りの強い口紅や香水をなるべく控える。
これも、シャンパンマナーのひとつといえます。

ここからはホテル「ハイアット リージェンシー京都」の魅力をご紹介します!!
今日は、日本料理レストラン「Touzan」をPICK UPしました!!
0407touzan1.JPG0407touzan2.JPG

「Touzan」はホテル地下1階のガーデンフロアにあります。
地上に向かって吹き抜けの石庭園があり、
店内からは、
その自慢のお庭を望めたり、陽の光もしっかりと差し込む明るい雰囲気となっています。
また、店内は、京都らしい和のテイストと斬新なデザインが融合した空間が広がり、
オープンな寿司カウンターと炭火焼カウンターがあります。
また、ホテル内のレストランで一番大きく、
8人まで一緒に食事ができるセミプライベートルームが5つ、
16人が一堂に集える完全プライベートルーム も1つあります。
年末年始とパーティーやお食事会の機会が多いと思いますので、
家族やお友達、会社仲間と、ぜひご利用下さい!!
0407touzan3.JPG0407touzan4.JPG

0407touzan6.JPG0407touzan7.JPG

お料理は、寿司カウンターや炭焼きカウンターを活かした、
京都では珍しい江戸前寿司や炭火料理となっています。
ディナーコースは、「八坂」「東山」「伏見」「祇園」の4つのコースがあります。
手軽にTouzanの味をお楽しみいただける「八坂」コース。

「伏見」と「東山」は、自慢の炭焼きを取り入れた会席コース。

「温物」には、海老芋や堀川ゴボウ、金時人参といった京野菜がたっぷり入った小鍋仕立て。

焼き魚は「まな鰹の西京焼き」と、京都の食をお楽しみいただけます。
また、「東山」のメインとなる強肴「特選和牛ロース備長炭焼き」は、
炭火で仕上げ、素材の味がそのまま伝わってきます。

そして、3つ目の「祇園」は、
寿司職人お任せで江戸前寿司をお楽しみ頂けるコースです。
寿司カウンターでのお食事となりますので、
お寿司にまつわるいろんなお話など、カウンターならではなお食事をお楽しみ下さい。

さらに、冬期限定ディナーコースとして、
「長澤農園の有機京野菜と河豚の白味噌」が登場しています。
京の生湯葉や、蟹、蕪などがはいった前菜から始まり、
鯛や鮪、烏賊といった新鮮なお造りと続いて、
メインディッシュとなる強肴は「白味噌仕立てのとら河豚鍋」!!
無農薬野菜栽培の第一人者である17代目 長澤源一さん指導のもと、
レストランスタッフらが育てた、
安心・安全で、新鮮な「有機栽培の京野菜」とともに、お楽しみください!!

さらには、ハイルチンの蕎麦、焼きお握りの雑炊と、ボリュームもたっぷりとなっています。
最上級のサービスと、最高級のお食事で、心も体もポッカポッカになるでしょう。
なお、この「長澤農園の有機京野菜と河豚の白味噌」のみ、
2名様以上で、3日前までの予約が必要となっています。

Touzanでお食事の際は、
古都・京都にちなんだ特典「きものプラン」をご利用ください。
着物で来店し、お二人以上で
「Touzan」または「ザ・グリル」のランチセットかディナーコースを注文すると、
お一人分の料金が無料となります。
必ず事前予約が必要ですので、予約の際に「きものプラン」希望とお伝えください。

今日ご紹介した内容に関して詳しくは、
日本料理レストラン「Touzan」
電話 京都075-541-3201までお問い合わせ下さい。
「Touzan」の営業時間は、
ランチタイムが、午前11時30分~午後2時30分まで。
ディナータイムが、午後5時30分~午後10時まで。
なお、ラストオーダーは、午後9時30分。
月曜日は、お休みとなっています。

「ハイアット リージェンシー 京都」のHPはコチラ!!

goTop