LUXURY TIME☆

20091228

この「LUXURY TIME」では、
平日のアフターファイブや週末を華やかにしてくれる
お酒を紹介するとともに、
ホテル「ハイアット リージェンシー 京都」の魅力をお届けしています。

2009年の締めくくりということで、今週は「BARでの楽しみ方」についてのお話です。
BARと聞くと、敷居が高いと考えてしまう方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、BARでのマナーさえ心得ておけば、
こんなにお酒を楽しく飲めて、充実した時間を過ごせる場所はありません。
そこで、BARで楽しいひと時を過ごすための心得をご紹介します。

はじめに、BARに入ることに躊躇してしまうという方は、
周りにBARに行きなれているお知り合いがいるなら、
まずは、そのお知り合いの行きつけのBARに付き添って入るのが一番の近道です。
知り合いの行動を見よう見まねするだけでも、快適に過ごすことができます!!
大勢でワイワイと飲むお店と異なり、
BARは、ひとりひとりが楽しむことを前提に成り立っています。
誰かを見習いつつも、あくまで、自分なりのBARでの楽しみ方を見つけることが、
BARを楽しむ秘訣といえます。

基本的に、BARに出かける時は、最高でも4名ほどが望ましいといえるでしょう。
もし、行きたいBARがカウンターのみの小さなBARだった場合は、
4名もいると、横一列では話づらいので、
周りのひとりで楽しみに来ている方のことを考えると、3名までが望ましいかもしれません。
すでに食事を済ませてきたのなら、BARでの滞在時間は、1時間から2時間ほど。
飲む量は、人によって異なりますが、2杯~3杯程度がスマートです。

また、お店に入る前にチャージ料金が気になるという方。
チャージ料金はお店によってあるところないところ、料金もバラバラですので、
チャージ料金がかかることを前提に考えておくほうが賢明です。

このような最低限のエチケットさえ心得えておけば、
以前から気になっていたBARや偶然みかけたBARにも思い切って入ってみよう!!と、
ワクワクしてきますよね。
もちろん、インターネットで検索したり、事前にBARに電話して、下見するのも大切です。

ここからはホテル「ハイアット リージェンシー京都」の魅力をご紹介します!!
今日は、ホテル内にある3つのレストランにて、
12月31日の大晦日~正月3ヶ日までの期間限定で登場する
スペシャルメニューをPICK UPしました!!

●1階ロビーフロアに構えるレストラン「ザ・グリル」!!
オープンキッチンになっているので、店内はとても開放的です。
料理を作る音、料理ができる匂いをダイレクトに感じることができます!!
3547.jpg3549.jpg
その「ザ・グリル」では、
大晦日~1月3日までの4日間限定のスペシャルディナーが2種類あります。

一つ目のコース。
オードブルの「田舎風パテ」からはじまり、
ジャガイモと洋風ネギがたっぷり入った「パルマンティエ スープ」、
「仔牛の胸線肉のソテー」と続いて、メインは、「アワビのロースト」!!
絶品の赤ワインソースで召し上がり下さい。

続いてもう一つのコースです。
前菜の「スズキのカルパッチョ」、「コンソメスープ」「マグロのコンフィ」と続いて、
メインは、薪オーブンでグリルした「フランス産鴨胸肉」を豪快にどうぞ!!
また、「ザ・グリル」では、
1月1日・2日・3日の3日間限定で、スペシャルブランチも登場します。

毎週末 土曜・日曜の午前11時30分~2時30分まで実施されているメニューなんですが、
お正月ということで元日の金曜日から実施。
しかも、通常のブランチよりさらにグレードアップしての登場となります!!
「ザ・グリル」の年末年始スペシャルディナーや新年スペシャルブランチをご予約の際は、
電話 075-541-3203 までお問い合わせください!!

●ロビーフロアから螺旋階段を上がった2階にある「トラットリア セッテ」!!
ホテルレストランなのに、街中のレストラン感覚で利用できるカジュアルさ。
でも、お料理はもちろん、BGMに最新のイタリアンPOPSが使われていたりと、
イタリアへのこだわりは五つ星レストランに匹敵します!!
90120-2.JPG90120-3.JPG
そんな「トラットリア セッテ」の年末年始スペシャルディナーも2種類です。

一つ目のコース。
蟹とマンティカートが入ったサラダ、ミネストローネと続いて、
メインディッシュは、6品のパスタとピッツァの中からセレクトできます。

もう一つのコースです。
新年を迎えるにふさわしい食材の数々を使った、南條シェフおすすめコースです。
豪華な盛り合わせの前菜に続いて、シェフおすすめのパスタ!!
そして、香ばしく焼き上げた「北海道産たらば蟹の窯焼き」!!
「カブのリゾット」と一緒に召し上がり下さい!!
そしてメインは、赤ワインで煮込んだ「国産牛バラ肉のブラッサート」となっています。

レストラン「トラットリア セッテ」の年末年始スペシャルディナーをご予約の際は、
電話 075-541-3204 までお問い合わせください!!

●地下1階、ガーデンフロアにある日本料理レストラン「Touzan」。
店内には、オープンな寿司カウンターと炭火焼カウンターがあるほか、
8人まで一緒に食事ができるセミプライベートルームが5つ、
16人が一堂に集える完全プライベートルーム も1室あります。
ご家族揃ってのお正月会食にぜひ、ご利用ください!!
0407touzan2.JPG0407touzan4.JPG
そのTouzanでは、スペシャルディナーが、それぞれ3種類登場します!!

一つ目の「伏見」は、自慢の炭焼きと新鮮なお造りを取り入れた会席コースです。
二つ目の「祇園」は、炭焼きとともに、お寿司も味わうことができる贅沢なコースです。
そして三つめの「東山」は、
特選和牛ロースの炭焼きとお寿司を満喫できるボリュームもたっぷりなコースです。
また、Touzanのみ、この3種類のスペシャルコースが、
大晦日バージョンと、新年三ヶ日バージョンとメニューが異なります!!

大晦日バージョンの各コースには、先付には「河豚の焼き霜」。
温物として「年越しそば」が登場し、
新年三ヶ日バージョンの各コースには、先付に「ずわい蟹」。
そして、新年をお祝いする意味も込めて、
車海老、ウナギ八幡巻き、いくら、数の子、から墨、黒豆などが入った「祝い肴」が登場します。
そのほか、詳しいメニューは、ホームページをご覧ください!!

レストラン「Touzan」の年末年始スペシャルディナーをご予約の際は、
電話 京都 075-541-3201 までお問い合わせ下さい。

どのレストランのスペシャルディナーも、
前菜から最後のデザートまで完璧な美味しさです!!
しかも、12月31日大晦日~1月3日までの4日間しか食べることができない、
貴重なスペシャルディナー!!
また、お料理だけでなく、レストランの雰囲気、
そして何よりもスタッフによる行き届いたサーブも含めて、
行ってよかった、食べてよかったと思えるレストランです!!
是非、お早めにご予約下さい!!

そして、食事とともに、ぜひ音楽もお楽しみ下さい!!
来年2010年1月1日(金)と、2日(土)の2日間、
ロビーフロアにある「ボールルーム」にて、
「New Year Concert 2010 ヨハン・セバスティアン・バッハと光悦」が開催されます。
当日は、京都で音楽を学んだ音楽家を中心に、
25人からなる室内オーケストラが特別に編成され、
バッハをはじめとする西洋ならではの「美の調べ」を楽しむことができます。
また、会場装飾として、本阿弥光悦の偉業を受け継ぐ
「染織光悦会」に名を連ねる方々が制作した着物作品などが特別展示されます。

コンサートに関するお問い合わせは、
ハイアット リージェンシー 京都 セールス&マーケティング部まで。
電話は、京都 075-541-3161
e-mailは、kyoto.sales@hyatt.com となっています。
2010年、新年の幕開けは、ホテル ハイアット リージェンシー 京都でお過ごしください!!

「ハイアット リージェンシー 京都」のHPはコチラ!!

goTop