Information / Power Play

11月SPLASH GROOVEは「NOVO AMOR」をプッシュ!!

Power Play

2020.11.01


NOVO AMOR(ノーヴォ・アモール)/ 「Opaline」(オーパライン)

ウェールズ出身のシンガー・ソングライター、アリ・レイシーによるソロ・ユニット=ノーヴォ・アモールが、本国UKを中心に感動の嵐を巻き起こした傑作1stアルバム『Birthplace』以来2年ぶりとなる2ndアルバム「Cannot Be, Whatsoever」(キャノット・ビー、ホワットソーエヴァー)を2020年11月11日(水)にリリース! 
2014年のEPデビュー以来一貫してきた大自然の神秘をそのまま音像化したような繊細にして雄大なフォーキー・ポップ・サウンドは今作でさらなる高みに達し、メロディラインやアレンジのフックが際立ったことで、美しさを一切損なわずにキャッチーさを獲得。文句なしの最高傑作が誕生!ノーヴォ・アモール&エド・タレット名義でアルバム『Heiress』(2017)をリリースした盟友エド・タレットが今回もほとんどの曲を共作しており、第二のメンバーさながらに大活躍。主役のアリ・レイシーは、作詞作曲はもちろん、持ち前の澄み切ったハイトーン・ヴォーカルに、ピアノ/シンセ、ドラム、ベース、ギターの演奏、さらにはミックス、プロデュースまで自らこなす驚異のマルチぶりを発揮。ボン・イヴェールの次代を担う才能に相応しい感動と癒しのサウンドで、音の向こうに広がるのは山々や湖の壮大な絶景を感じられる1枚となっている。NOVO AMOR(ノーヴォ・アモール)の2ndアルバム「Cannot Be, Whatsoever」(キャノット・ビー、ホワットソーエヴァー)から楽曲「Opaline」(オーパライン) を11月パワープレイします!

 

 

goTop