ROJI MUSIC
key_visual What's ROJI MUSIC?
-STATION、関広、電通キャスティング アンド エンタテインメントが設立した京都発の音楽レーベル。
国境を超え、世界の人々の心に届く音楽を「路地サウンド(路地裏で生まれようとしている歌声や、街角から街角へ流れていくメロディ)」と位置付け、世界の優れた音を発掘し、広く発信して行く。
同時に京都ならではの音楽やアーティストも応援し、音楽シーンの活性化にも貢献します。
かつて京都が様々な文化を巧みに取り入れ文化や芸術を創造してきた様に、洗練された京都というフィルターを通して人々の心に響くユニバーサルな音楽を届けたい。


ROJI MUSIC LABEL 取扱い店
ホームページから注文

ROJI MUSICロゴ
京都発のNew Label「ROJI MUSIC(ロージミュージック)」第一弾Release!
Maico Rozy
「KYOTO」    Jacket
what's Maico Rozy
ロージ・ミュージック第一弾の本作「Maico Rozy」を制作するにあたって誕生した架空のシンガー。ジャケットに登場し、本作でVocalも担当する彼女、実は日本音楽シーンで絶大なキャリアを持つアーティストであるが公表はしていない。
website: http://www.kanazawaakiko.com/
tracks


















sound_producer's


■track4,5,7・・・・・本篠秀太郎(三味線演奏家、作曲家)
1956年篠塚みつ師の三味線の手ほどきを受け、1958年には長唄を稀音家芳枝師に、民謡を二代目大船繁三郎師、藤本鐏丈師の両氏に、小唄は田毎てる三師に師事。1971年本篠流を創流。家元になる。古典の枠に留まらず、様々なジャンルの音楽、奏者と共演。民謡のムーヴメントを起こしブームを作る。1972年ミュンヘンオリンピック世界民族芸能祭参加。1985年民主音楽協会主催「シルクロード音楽の旅」26公演参加。1991年映画「上方苦界草紙」音楽監督。その後各種舞台、公演に参加。1983年第四回松尾芸能賞「民俗音楽優秀賞」受賞。1986年文化庁芸術祭「芸術祭賞」を受賞。1991年文化庁「芸術祭賞」受賞。2004年54回文化庁芸術選奨文部科学大臣賞受賞。
website: http://www.honjoh.co.jp/index.html



■track1,2,3,6・・・寺田創一(作編曲家、サウンドプロデューサー、リミキサー)
1988年頃から自主レーベルで海賊リミックスを発表し始め、そこから「Sun Shower」をNYクラブチャートに(1990年)、「スモージャングル」をFMラジオチャートに(1995年)、「殺人の時刻は15年」をAMラジオチャートに(1997年)送り込む。それと平行して手掛けたレコードメーカーのリミックス、アレンジは金沢明子、Char、ウルトラマンなど多数。1998年頃からはゲームソフトのサウンドトラック(サルゲッチュ、ファンタビジョン)の制作などを通して映像や動画に対して数多くの作曲をするようになり、2003年の日本テレビのステーションID(日テレ日テレ日テレ日テレ)のサウンド制作等、音楽の映像的なアプローチを試行錯誤するようになる。またパワーグラフィクスが制作する映像とのコラボレート作品をAUDIOVISUALJAPAN DVD(2004), onedotzero_select dvd2(2004)に収録。
website: http://fer.street.jp/



■track8・・・・・hasii(Remix Unit)
・橋本タツキ
1975年生まれ。京都在住のマニピレーター、エンジニア、アレンジャー。Halcali、m-floらのメジャー・アーティストを始め、インディーズ・アーティストのリミックスのエンジニアも数多く手掛け、今、業界で最もマークされているアーティストの一人。
・大井良次
1976年生まれ。京都在住。FMラジオのディレクター兼DJとして活躍。現在、京都のクラブ「Collage」で須永辰緒と共にイベント「Jazzy Space」のレジデントDJを務める。


■guest musician・・・・・カルロス菅野(track1)
パーカッショニスト。松岡直也グループ、オルケスタ・デ・ラ・ルス等で活動後、現在は熱帯JAZZ倶楽部、熱帯倶楽部、多彩なアーティストのアルバムやコンサートのプロデュース等精力的に活動中。



▲TOP       
CopyRight 2004 Fm-Kyoto Inc. All Right Reserved