Information / Event

4/25(木)「METRO 29th Anniversary Special! Hostess Club Presents Matthew Herbert Japan DJ Tour 2019@京都METRO」開催!

Event

2019.03.01

常に時代を驚かせ続ける現代音楽の鬼才「Matthew Herbert」、京都CLUB METROのメトロ29周年アニバーサリーとして8年振りに来京が決定しました!!ダンスミュージック/サンプリング界の異端児にしてカリスマ、作曲家/DJ/プロデューサー/リミキサーとして音楽業界にその名を轟かせ、ビョーク、REM、ジョン・ケイル等のプロデュースやリミックスを手掛け、その実験精神は他の追随を許さない彼が、約11年ぶりにビッグ・バンド名義で新アルバム『The State Between Us』をリリース!イギリスのEU脱退に対して抗議するために、EU全加盟国のミュージシャン、アーティスト達とのコラボレートで制作された革新的な作品を引提げて、4月に全国4か所をまわるDJセットでの来日公演が決定しました!来日の毎にオーディエンスの期待値をはるかに超えた、インテリジェンスとユーモア、実験精神と心の琴線を揺り動かす「ミスター・ハーバート」!注目です!

 

METRO 29th Anniversary Special!
Hostess Club Presents Matthew Herbert Japan DJ Tour 2019
@京都METRO

日時4月25日(木) Open/Start 20:00
会場京都 METRO
〒606-8396 京都府京都市左京区 端丸太町下ル下堤町82 恵美須ビル

出演
Matthew Herbert (DJ Set)
metome (Live Set)

TICKETS
前売\5,300 ドリンク代別途 
公演オフィシャルサイト:http://ynos.tv/hostessclub/schedule/20190422.html

一般PG前売
Tticketチケットぴあ、ローソンチケット、e+ にて3/9(土)より発売開始!

0425

 

アーティスト・プロフィール

Matthew Herbert/マシュー・ハーバート

matthew

1972年、BBCの録音技師だった父親のもとに生まれる。幼児期からピアノとヴァイオリンを学ぶ。エクセター大学で演劇を専攻したのち、1995年にWishmountain名義で音楽活動をスタートさせる。以降、ハーバート(Herbert)、ドクター・ロキット、レディオボーイ、本名のマシュー・ハーバートなど様々な名義を使い分け、次々に作品を発表。彼の作品はミニマル・ハウスからミュジーク・コンクレート、社会・政治色の強いプロテスト・ポップに至るまでジャンル、内容を越え多岐に亘っている。また、プロデューサーとしても、ビョーク、REM、ジョン・ケイル、ヨーコ・オノ、セルジュ・ゲンズブール等のアーティストのプロデュースおよびリミックスを手掛けている。2010年、本名であるマシュー・ハーバート名義で「ONE」シリーズ3作品(ワン・ワン、ワン・クラブ、ワン・ピッグ)をリリース。2014年には4曲収録EPを3作品連続でリリースしている。そして2015 年に『ザ・シェイクス』を発表しHOSTESS CLUB ALL-NIGHTERで来日公演を行う。2016年、アルバム『ア・ヌード(ザ・パーフェクト・ボディ)』を発表。2015年から開催されたHOSTESS CLUB ALL-NIGHTERではレジデントDJとして3年連続出演、更に2017年にビッグ・バンドとしてモントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン、ブルーノート・トウキョウ(単独2日間)での来日公演を行った。

 

主催:イーノス
制作・招聘:イーノス
協力:Hostess Entertainment
お問い合わせ先:イーノス 03-6809-1070

 

 

goTop