Information / Kyoto Weekly

今週のレコメンKYOTO!第42回 秋の古本まつり

Kyoto Weekly

2018.10.29

京都古書研究会が毎年、百万遍知恩寺で開催している「秋の古本まつり」。今年も10月31日から11月4日まで開催されます。今回で「42回目」。京都古書研究会が発足当時から続けている即売会で、最も歴史が古く、京の風物詩として最も定着している「古本即売会」といえるのではないでしょうか。期間中は 百万遍知恩寺の境内全域におよそ20万冊の古書が陳列されます。初日10月31日に、書物への感謝を込めて行われる「古本供養」は全国でも類を見ないものです。また、子供たち向けの「児童書コーナー」も充実。え!?これがこの価格で買えるの!?と驚く「びっくりお買得全集コーナー」もチェックしておきたいし、チャリティーオークションなんかも行われます。端から端まで古書をずっと眺めていくと、必ず、琴線に触れる本と出会うことができます。私を待っていてくれたんじゃないか?っていう、オーラを放っているので、そのオーラを見逃さないことが大切です。それは大げさに言うなら「運命」。発売されて以来、さまざまな道を通りすぎ、いま、ついにあなたの目の前に訪れた運命の古書を、しっかりと見極め、ぜひ、連れて帰ってあげてください。

goTop