Information / Kyoto Weekly

今週のレコメンKYOTO!重陽の節句

Kyoto Weekly

2018.09.03

二十四節気では9月8日から「白露」です。草の葉に白い露が結び、夜の間に大気が冷え込み、草花には朝露が宿ります。その9月8日の翌日、“9並び”の「9月9日」は「重陽の節句」です。かつて平安時代の宮中では 「重陽の節句」に邪気を祓い、長寿を願うため、菊の花を浮かべたお酒を飲む風習があったそうです。このことから「重陽の節句」は別名「菊の節句」ともいわれ、古くは「天武天皇」がこの日に「重陽の宴」を開いたり、「陽成天皇」が菊花酒を公卿に振る舞ったという記録も残っています。菊は不老長寿の花とされています。昔、中国河南省には百歳以上の長寿の方がたくさん住む村があり、その村では菊の滋養を含んだ谷の水を飲んでいたため、「菊=長寿」のイメージが定着したという説もあります。そんな「重陽の節句」に当たる9月9日、京都でもいろんな神社で「重陽神事」が行われます。例えば「上賀茂神社」では本殿に菊の花をお供えして無病息災を祈るほか、子供たちが相撲を取る「烏相撲」が行われます。「烏相撲」は 上賀茂神社のご祭神のお爺さんにあたる「賀茂建角身命」が、八咫烏となり、神武天皇を大和の国に導いたという言い伝えにちなんだ行事で、神職の方が烏の鳴き声を真似てユーモラスな動きをするのも見どころです。ほかにも、右京区にある「車折神社」や、嵐山の「虚空蔵法輪寺」などでも「重陽」を祝う神事が行われます。季節の花や食べ物以外にも、こうした季節にちなんだ伝統行事で、四季の移ろいを感じることができるのも京都の魅力の一つですね。私も9月9日、重陽の節句は普段のお酒に菊の花を浮かべて乾杯したいと思います。

goTop