Information / Program

7/16(火)-8/27(火) KYOTO AIR LOUNGE featuring「electronic evening 2019」毎週火曜日オンエア!

Program

2019.07.03

KYOTO AIR LOUNGE featuring 「electronic evening 2019」


電子音楽に、映像と灯かりのインスタレーションとお茶席を取り合わせて、電子の夕涼み空間を堪能できる真夏の夜の京都のアンビエンスを再現したエレクトロニカイベント、涼音堂茶舗が主催する「electronic evining -電子音楽の夕べ-」が、今年も開催。
「華」・「書」・「映像」などさまざまなクリエイター達と茶の湯を楽しむ空間を作り、心地よい緊張と、かすかな
音色を楽しめるこの季節お馴染みの至極のイベント。番組「KYOTOAIRLOUNGE」ではこの期間、この「electronic evining」とスペシャルコラボレーションし、夏の到来を告げる、祇園ばやしから蝉しぐれ、貴船の渓流、鴨川のせせらぎ、静寂といった、さまざまな環境音とアンビエントが生み出す彼らの音世界をフィーチャリングして、夏の夕涼み空間を京都の夏のうつろいとともに、お届けしていきます。


<ONAIR情報>
番組「KYOTO AIR LOUNGE」
7/16(火)-8/27(火)  毎週火曜日 16:30~16:50
出演:星 憲一郎(涼音堂茶舗)、武田真彦

涼音堂茶舗

kalpng

<EVENT INFORMATION>

「electronic evening2019 電子音楽の夕べ」

日時:2019年8月31日(土曜日)18:00-20:30 
場所:京都 法然院方丈(左京区鹿ヶ谷)
チケット:4,000-(前売)+御茶券\1,000-
※「涼音の席」御茶券は当日受付にて

涼音堂茶舗がレーベルコンセプトの体現として発足当初から古刹・法然院方丈を会場に開催して来た電子音楽の夕涼み。2019年はオリエンタルホームワード、Toshiyuki Hiramatsuはじめ、糸魚健一率いるshrine.jpよりリリースを控えるMasahiko Takeda(rekishicom)、京都を拠点とする映像集団SPEKTRAとaberton公式トレーナーでもあるJunichi Akagawaらが出演。
会場は京都のインセンスブランドLisnにより香りもコーディネートされ御茶席は新進気鋭の中山福太郎氏とのコラボレート。京都最古の宇治茶の通圓24代目・通円祐介氏自らこの日の為にブレンドした御抹茶と宝泉堂オリジナルの上菓子とRe:planterの村瀬貴昭氏とSPEKTRAによる植栽と映像を駆使したインスタレーションの中でお抹茶をいただきながら楽しめます。また、北書院ではMasahiko Takedaと染織作家むらたちひろによる漆黒の西陣帯をモチーフにしたインスタレーションが予定され空間をフルに使われた空間で、終わりゆく夏を味わう夕涼みのスペシャルイベント。

===========================================================

■方丈:
Oriental Homeward
Junichi Akagawa
Masahiko Takeda
Hiramatsu Toshiyuki

映像:SPEKTRA

香り:LISN

■北書院:
インスタレーション:武田真彦+むらたちひろ+ Kafka
香り:LISN

■食堂:
インスタレーション:Re:planter+SPEKTRA
御菓子:宝泉堂
御抹茶:通圓
香り:LISN

 

1
Photography:©︎Jimmie Wing

 

 

 

 

goTop