Information / Kyoto Weekly

今週のレコメンKYOTO!春の古書大即売会

Kyoto Weekly

2018.04.30

某中古本・中古家電販売チェーンの「100円コーナー」で、これまで全く触れてこなかったジャンルの書籍を購入し、読むということを続けています。インターネットは非常に便利なものですが、ネットからは、おせっかいにも、私好みの情報が飛び込んできます。故に気を付けてお付き合いしていかないと、思想や趣味嗜好がどんどん偏っていきます。なんとなく、「これはいかん」と思い、はじめたのが冒頭の「100円コーナー」の書籍購入。毎回、一棚をランダムに選び、「今日はこの棚から一冊絶対に買って帰る!」と決め、なるべく“興味のない本”を購入します。読み終えて、やっぱり全然面白くなかった・・となっても、「100円だから、ま、いっか」となり、100円で未知との遭遇ができるというのはありがたいことです。インターネットはとても「合理的」なものですから、要らないものが排除されていきますが、逆説的ながら、「要らないもの」のなかにも、「なくてはならないもの」も存在します。ネットが排除しがちな「なくてはならないもの」を探す旅はなかなか楽しいものです。そんな旅に最適なのが5月1日~5日、「みやこめっせ」で開催される「春の古書大即売会」。今年で36回目となる恒例の春の古本市です。京都を中心に大阪や兵庫、奈良などから40店の古書店が出店し、文庫や雑誌から高額な美術本まで、50万冊を超える古本がずらりと並びます。京都に関する書籍を集めた京都コーナーも充実しています。屋内で開催される古本市としては国内最大規模なんだそうです。きっと、ネットサーフィンでは見つからない、あなたにとっての「なくてはならないもの」があるはず。

「第36回 春の古書大即売会」
開催は5月1日(火)~5月5日(土)
午前10時~午後4時45分(最終日のみ午後4時閉場)。
左京区岡崎「みやこめっせ」で開催です。

goTop