Information / Kyoto Weekly

今週のレコメンKYOTO!ひな祭り

Kyoto Weekly

2018.02.26

今週の土曜日は3月3日「桃の節句」、「ひな祭り」です。京都では 自分から向かって右が男雛、左が女雛と、一般の並べ方とは逆に並べる風習があるそうですが、皆さんのご家庭はいかがですか?京都だけ逆になっているのは「御所の伝統」にならったものだといわれています。かつて、宮中では右より左のほうが、位が高いとされていました。このため、いまも、京都のお雛様はお殿さまの男雛が左(つまり向かって右)、お姫さまの女雛が向かって左の右側に位置しているんですね。どうして右より左のほうが位が高かったのか?といいますと・・「京都御所」の「紫宸殿」が南向きに建てられていて、天皇から見て、日が昇る方角・・東が左なので、位が高いんだそうです。そんな「ひな祭り」の「ひな人形」にお供えする「ひな祭り」のお菓子の定番といえば、「菱餅」や「ひなあられ」をイメージされる方が多いかと思います。「菱餅」は桃色、白色、緑色の三色のものが一般的ですが、

・桃色には「魔除け」、
・白色には、「子孫繁栄、長寿など」、
・緑色は「厄除け・健康」といった意味が込められているそうです。

京都では 「菱餅」や「ひなあられ」のほかにも、「引千切」という和菓子があります。こちらは お店によって姿形が異なりますが、もともとは平安時代、宮中で食べられていたようで、当時は 白いお餅を“引き千切って”真ん中をくぼませ、上に餡を載せただけのシンプルなものだったそうです。その後、長い歳月をかけて、和菓子のお店によって姿カタチが磨きあげられてきたため、お店によって色やカタチがいろいろなのだといわれています。京都では 昔、女の子が生まれたら、婿方のお家に贈る慣習もあったそうです。「引千切(ひちぎり)」という名前については、一部を“引き千切ったカタチ”からという説があったり、餅を引き千切って丸めたからだという説があったり、「契りを交わす」の「契り」がなまったからという説もあったりしますが、いずれにせよ、子供の健やかな成育を祝うためのお菓子に変わりはありません。

goTop