Information / Kyoto Weekly

今週のレコメン京都!平安神宮

Kyoto Weekly

2017.08.21

8月も下旬になりました。月日が経つのは早いものです。このまま、あれよあれよと言う間に師走を迎え、2018年になっていくのでしょう。2018年に照準を合わせているランナーの皆さんも多いのではないでしょうか。来年の「京都マラソン」は2月18日(日)です。来年の事を言えば鬼が笑うといいますが、笑いたい奴には笑わせておきましょう。怒られるよりピースフルでいいじゃありませんか。京都の街を走りたい!という皆さんの当選をお祈りしております。さて、京都のいろんな名所旧跡を巡る「京都マラソン」ですが、ゴールに位置しているのが「平安神宮」です。平安遷都1100年を記念し、明治28年、平安遷都を行った桓武天皇をご祭神として創建されました。京都を代表する神社ですが、意外に歴史は浅いのです。創建された当時の京都は 幕末の戦乱で市街地が荒れはてていました。追い打ちをかけるように明治維新で首都が“事実上”東京へ遷ったことが、京都に住まう人々に大打撃を与えました。そんななか、京都では あらゆる復興事業が展開され、平安神宮も 千年以上栄え続けた雅やかな京都を伝えるために創建されました。昭和15年には 平安京最後の天皇、孝明天皇が合わせて祀られています。社殿は 桓武天皇が開かれた当時の平安京の正庁にあたる朝堂院が8分の5の規模で再現されています。平安京があったのも岡崎なのかというと、そうではなく、大内裏があったのはいまの千本丸太町あたりです。実際、平安神宮も 千本丸太町に創建する計画があったそうですが、用地買収に失敗して、岡崎に創建されることになりました。写真の大鳥居は平安神宮の、いや、岡崎界隈の、いやいや京都のシンボル的存在ですね。コチラは昭和天皇の大礼が京都で行われたのを記念して、昭和4年に竣工しました。鉄筋コンクリート造りで高さは24.4mあります。この大鳥居を目指して、ランナーの皆さんは来年2月18日、西京極を出発するわけです。走るのは苦手なので、今度同じコースを歩いてみようか。面白スポットを見つけたら、ここでご紹介させていただきます。

goTop