Information / Power Play

4月HELLO!KYOTO POWER MUSIC『ラッキーオールドサン』をピックアップ!

Power Play

2019.04.01

ラッキーオールドサン/「旅するギター」

ナナ(Vo.)と篠原良彰(Vo,Gt)による男女二人組。二人ともに作詞/作曲を手掛け、確かなソングライティングセンスに裏打ちされたタイムレスでエヴァーグリーンなポップスを奏でる。2014年12月にkitiより1st mini album『I’m so sorry,mom』でデビュー。2019年2月よりApple社イメージ広告「Macの向こうから」TVCMソングを担当。詩と歌のシンプルなデュオ編成から、個性的なサポートメンバーを迎えたバンド編成まで、様々な演奏形態で活動を展開。輝きに満ちた楽曲の数々は多くのリスナーを魅了し、またその確かな音楽性が多くの同世代バンドからも熱烈な支持を得る、注目のポップデュオ。そんな、老若男女問わず厚い支持を得ている男女ポップデュオ・ラッキーオールドサンが、およそ二年ぶりとなる3rdフルアルバム『旅するギター』を4/17(水)にリリース!今作は、旧知のサポートメンバーである田中ヤコブ(Gt./家主)、渡辺健太(Ba.)に加え、岩出拓十郎(Gt./本日休演)、西村中毒(Dr./渚のベートーベンズ)を新たに迎え入れたツインギター編成を軸に林祐輔(Key./すばらしか)、渡瀬賢吾(StlGt./roppen,bjons)、権藤英美里(Vn.)らが参加、東京と京都を跨いで録音された作品となっている。強固で痛快なロックンロールナンバーから軽快なカントリーポップ、メロウなバラードまで、挑戦的なまでにバラエティ豊かなアレンジと、聴くものの心を捉えて離さない確かなメロディ、そして慎ましくも力強い歌声をしっかりと中心に据え、革新を志した意欲作。また、録音/ミックスは山本精一らも手掛ける京都の野村智仁(マザーシップスタジオ)、マスタリングは名匠・小泉由香(オレンジ)が担当している。誠実な音楽への弛まぬ情熱と、日常への暖かで優しい眼差しが紡いでいく全10曲。ピュアで実直な眼差しでもって”うた”を紡ぐ新鋭男女ポップデュオ、ラッキーオールドサンの待望の3rdフルアルバムから、楽曲「旅するギター」(タビスルギター)を4月の『Hello! KYOTO POWER MUSIC♪』として、1ヶ月間にわたってパワープッシュしていきます!

 

■HELLO! KYOTO POWER MUSIC♪特設サイト
http://www.kyomag.com/kpm/

■ OFFICIAL SITE 
>>http://luckyoldsun2013.tumblr.com/

 

 

 

goTop