Information / Power Play

12月SPLASH GROOVE『Anderson.Paak (アンダーソン・パーク)』をピックアップ!

Power Play

2018.12.01

Anderson.Paak (アンダーソン・パーク)/
Tints (feat. Kendrick Lamar)(ティンツ フィーチャリング ケンドリック・ラマー)

ブランドン・パーク・アンダーソンとしてカリフォルニア州オックスナード市で生まれた彼は10代の頃からドラマーとして音楽活動を始め、その後マリファナ農園で働きながら自身の音楽を世に出そうと試行錯誤していた。当時別名ブリージー・ラブジョイとしてアンダーグランドで活動していた彼は着々と知名度を上げていったが、彼が世界に注目されるターニング・ポイントとなるキッカケを作ったのは本名に改名してからだった。アンダーソン・パークとして初のファースト・アルバム『ベニス』を2014年にリリースした彼は、のちにドクター・ドレーのヒット・アルバム『コンプトン』で最多数参加した事で大注目を浴びる。翌年リリースしたセカンド・アルバム『マリブ』では60年代を思わせるようなソウルからディスコ調のブギーなど幅広いスタイルの音楽を収録。インディ作ながら同アルバムは世界中から絶賛の声が上がり、2016年にアンダーソンは同作でサウス・バイ・サウスウエストのグルーク賞を受賞、またグラミー賞の「ベスト・ニュー・アーティスト」と「ベスト・アーバン・コンテンポラリー・アルバム」の2部にノミネートされ、2016年のソウル・トレイン・ミュージック・アワードの「ベスト・ニュー・アーティスト」と「アルバム、オブ・ザ・イヤー」を獲得。今年の夏には、フジロック2018&東京で一夜限りの単独公演を行い、ここ日本のファンを大いに沸かせたことも記憶に新しいAnderson .Paakが人気絶頂のタイミングで、約2年ぶりとなる待望のニューアルバム『OXNARD』を12月7日(金)(※輸入盤)をリリース!ケンドリック・ラマー、プッシャー・T、J.コール、ドクター・ドレー、スヌープ・ドッグ、BJ・ザ・シカゴ・キッド、Q-ティップら豪華アーティストが参加し、ソウルにR&B、ヒップホップ、ファンクからダンスにジャズまで、幅広いスタイルをシームレスに繋ぐ彼の、時代とジャンルを超えた真の〈ボーダレス・サウンド〉になっている。瞬く間に現在の西海岸シーンにおける最大級の注目を集める存在となったAnderson .Paak、超待望のニューアルバムから、楽曲「Tints (feat. Kendrick Lamar) 」(ティンツ フィーチャリング ケンドリック・ラマー)を12月パワープレイします。

 

 

 

 

 

goTop