Information / Power Play

12月SPLASH GROOVE『STAR SLINGER』をピックアップ!

Power Play

2016.12.01

STAR SLINGER(スター・スリンガー)/
「We Could Be More (feat. D∆WN )」(ウィー・クッド・ビー・モア(feat. ドーン)

Star Slinger(スター・スリンガー)は英ノッティンガムシャー生まれのプロデューサー/DJ 、Darren Williams(ダレン・ウィリアムス)のプロジェクト。このプロジェクトはマンチェスターのノーザン・クォーターでのDarrenのレコード・ショッピングから、2010年の4月に始まる。ハウスとヒップホップから影響を受けた彼のサウンドが最初に大きな注目を浴びたのは、2010年の夏に『Volume 1』というビートテープをダウンロードでリリースした時だった。これを機にDarrenはPitchfork、SPIN、Dazed & Confusedといったメディアに取り上げられるようになり、BBC Radio 1やRadio 1 Xtraのレギュラーのミュージック・コントリビューターとしても活動するようになった。その後も数多くのEPやシングルをリリースし、2016年の春にはビートテープの第二弾である『Volume 2』をリリースしている。ここ数年、Star Slingerは多くのアーティストとコラボレーションしており、その中にはJuicy J、Project Pat、Lil B等が含まれている。また、リミックスのオファーは途切れることはなくAir France、Toro Y Moi、Gold Panda、Broken Social Scene、The Morning Benders、The Go! Team、Ed Sheeran、Rizzle Kicks、Foster The People等のリミックスを手掛けている。またDuke Dumont、A$AP Rocky、London、Grammar、Jessie Ware、Ellie Goulding、Kendrick Lamar等のリワークやりフィックスもおこなっており、Mistajamショー(BBC Radio 1 / 1Xtra)、Paris Social Club、DJ Mag等にミックスを提供したりもしている。 一方、DJとして頻繁にワールド・ワイドでクラブサーキットをおこなっており、2013年にはGold Pandaと初のジャパンツアーを実施。2015年には二度目の来日をおこない、tofubeats、stomad、in the blue shirt、PAELLAS、New Action!、ALPSと共演した。また、A$AP Rockyと大規模なツアーもおこなっており、Glastonburyや Lollapaloozaといった数多くのメジャーなイベントやフェスティバルにも出演している。今作は、現在まで多くの作品を自主リリースしてきたダレンの待望のオフィシャルファーストアルバム。リリースはSkrillexのレーベル、OWSLAからで、英/米/ヨーロッパでは6曲入りのEP(M1~M6)、日本/オーストラリアは10曲入りのアルバム(M1~M10)でリリース、日本盤にはボーナス・トラックを更に4曲追加収録される。今回ピックアップする楽曲「We Could Be More (feat. D∆WN )」では、リアリティー番組「メイキング・ザ・バンド」から誕生して大ヒットを飛ばした女性R&Bグループ、Danity Kan(ダニティ・ケイン)の元メンバー、Dawn Richard(ドーン・リチャード)ことD∆WNが、ほか楽曲でもアイルランドを代表するシンガーソングライター、James Vincent McMorrow(ジェイムス・ヴィンセント・マクモロー)、リリースした2枚のアルバムも大ヒットしグラミー賞にもノミネートされたオーストラリアのシンガーソングライター/プロデューサー、Sam Sparro(サム・スパロー)、大きな注目を浴びるフィラデルフィアのラッパー、Tunji Ige(トゥンジ・イゲ)他、気鋭のアーティストをフィーチャリングされている。オフィシャルファーストアルバム「We Could Be More」(ウィー・クッド・ビー・モア)12月7日(水)リリース!

ウェブサイト:http://www.starslinger.net/

 

goTop