Information / Power Play

10月SPLASH GROOVE『Maisha(マイシャ)』をピックアップ!

Power Play

2018.10.01

 Maisha(マイシャ)/『Azure』 (アジュール)

女性サックス奏者 ヌビア・ガルシアを中心とした6人組バンド、Maisha(マイシャ)。今年2月に発売されたシャバカ・ハッチングス、ジョー・アーモン・ジョーンズ、エズラ・コレクティヴも参加し、サウスロンドンのシーンの現在を “今” を見事に捉えた名盤コンピとして話題を呼んだ『We Out Here』の1曲目を飾った同バンド。ジャズからアフロビートまで幅広い音楽的手法を駆使してスピリチュアル・ジャズに新風を巻き起こす存在として注目を集めている。リーダーのジェイク・ロング、そして女性版カマシ・ワシントンとして新世代ジャズ・シーンをリードするサックス奏者、ヌビア・ガルシアを中心としたこの6人組は、スピリチュアルジャズの重苦しい伝統に、斬新な観点を持ち込み、今最も注目を集めるジャズ・バンドへと急成長している。そんなMaisha(マイシャ) が11月9日(金)リリースのデビューアルバム『There Is A Place』で待望のデビューが決定した。マイシャのデビューアルバム『There Is A Place』は、10月19日 (金) にデジタル先行でリリースされた後、CDとLPは、11月9日 (金) に発売。国内盤CDにはボーナストラックが追加収録され、解説書が封入される。スピリチュアルジャズは、スピリチュアルジャズそのものの伝統、歴史、物語によって導かれていく。マイシャはその偉大なる歴史を再評価し、ファラオ・サンダースのような巨匠とも交流しながら、自分たちのあらゆる音楽的手法”その範囲はジャズからアフロビートにまでおよぶ”を通して、自分たちのスタイルを築き上げていく。それは、恍惚を誘うリズム、プレイヤー同士の本能的な音楽のやりとり、深く凝縮されたメロディアスなフレーズに基づくものであり、まさに同世代の他のバンドにはない、唯一無二のサウンドとクオリティーがここにある。UK新世代ジャズの旗手Maisha(マイシャ)のデビューアルバムから収録曲「Azure」(アジュール)を10月パワープレイします。

 

goTop