Information / Kyoto Weekly

今週のレコメン京都!草間彌生MY SOUL FOREVER展

Kyoto Weekly

2017.06.26

「無事是名馬」という言葉がある通り、アスリートにとって「丈夫」であること、ケガをしないことはただそれだけで
「名選手の証」であるといえます。イチロー選手なんかがその典型です。
ケガをしたくてしているワケではないと思いますが、よく耳にするのが「違和感」。
右肘の違和感、フクラハギの違和感。あの“違和感”ってアスリートにならないとわからないものなのでしょうか。
それとも私たち一般人は違和感を違和感とさえ捉えることができないのでしょうか。

そんな「違和感」を、少し前から祇園甲部歌舞練場の敷地内に抱いた方も多いことでしょう。

ドット柄の巨大カボチャ。

言わずと知れた草間彌生さんによる立体オブジェですが、なぜにここに??という違和感である。
その正体が「フォーエバー現代美術館」です。
八坂倶楽部に12月、グランドオープンするのを前に10月29日まで、「草間彌生 My Soul Forever展」を開催中。
「フォーエバー現代美術館」がコレクションする草間彌生さんのポップな水玉模様の作品たちが、
大正建築の“和の空間”を彩っています。版画や油彩、水彩、立体作品など計81点が和室に展示されていて、畳に座りながら鑑賞することができます。どんな態勢でも観ることができるので、足を伸ばしながら草間作品と向き合うことも可能ですが、目の当たりにすると、背筋をピンと伸ばし、正座で観ずにはいられないオーラを放っています。
作品によっては写真撮影もオッケーです。(全面的に撮影オッケーではないのでご注意を!)
あとはやっぱり、ミュージアムショップにも是非、ご注目いただきたい。水玉模様のキャッチーでポップな、
時としてややグロテスクなアイテムが所狭しと並びますので、こちらも一つの“展示空間”として楽しむことができます。一通り見終えたあとに玄関口の巨大オブジェを眺めたら、違和感が失われているのが不思議です。

「草間彌生 My Soul Forever展」
会期10月29日まで
観覧料:一般1200円
「フォーエバー現代美術館」HP http://www.fmoca.jp/

goTop