Information / Power Play

12月SMASH BREAK 「畠山美由紀」をプッシュ!!

Power Play

2018.12.01

畠山美由紀/「愛はただここにある」


宮城県気仙沼市出身のシンガーソングライター。男女ユニット・Port of Notes、エキゾ系楽団・Double Famousのボーカリストとして活動しながら、2001年、シングル「輝く月が照らす夜」でソロデビュー。2011年3月、東日本大震災で被害を受けた故郷・気仙沼を思い「わが美しき故郷よ」と題した詩を雑誌、自身のブログにて発表。その詩は被災した人たちだけでなく、故郷を持つ全国の人々の心に届き、話題に。2013年6月、中島ノブユキをプロデューサーに迎え、アルバム「rain falls」をリリース。同年11月、日本製紙クリネックススタジアム宮城にて開催された「コナミ日本シリーズ2013」にて国歌斉唱を担当した。2014年9月3日、演歌や歌謡曲をカバーしたアルバム 「歌で逢いましょう」を発表。2016年7月30日に、ソロデビュー15周年を記念したコンサート「畠山美由紀 メモリアル・シンフォニック・コンサート 2016 with 東京ニューシティ管弦楽団」を東京・練馬文化センターにて実施。そんな畠山美由紀が、約5年半ぶりに、プロデューサーに冨田恵一迎えたニューアルバム「Wayfarer」を12月14日(金)にリリース。アルバムには、水野良樹(いきものがかり)が手がけた「愛はただここにある」、堀込高樹(KIRINJI)が作詞作曲した「唇口には歌を」、畠山が作詞、堀込が作曲した「ふたりの出来事」、高城晶平(cero)が作詞した「BLINK」など全10曲が収録。冨田恵一の最新で最上のサウンド・トリートメントと、リズムの中にも憂いや揺らぎを宿す畠山のヴォーカルが創り出す、切なくて強く、儚くて確かな、極上ポップスとなっている。畠山美由紀の待望のニューアルバムから楽曲「愛はただここにある」を12月パワープレイします。

 

http://hatakeyamamiyuki.com/

 

 

goTop