Information / Power Play

11月HELLO!KYOTO POWER MUSIC『中村佳穂 』をピックアップ!

Power Play

2018.11.01

中村佳穂 (ナカムラカホ) / 「きっとね!」

京都在住、1992年生まれの女性ミュージシャン。京都精華大学に入学した20歳から本格的に音楽活動をスタート。ソロでは、音楽に全てを捧げる彼女の精神性に息をのまれる。デュオでは、一対一のセッションで起きる即興の化学反応に目が離せない。バンドでは、仲間とともに心から音を楽しんでいる姿に思わず観客も踊り出す。ひとつとして同じ演奏はない、見るたびに新しい発見がある彼女。圧倒的な歌唱力、一度聴いたら忘れることのできない心の奥底に届く個性的な歌声とライブパフォーマンスで魅了する中村佳穂が、2016年発表の1stアルバム『リピー塔がたつ』よりおよそ2年半ぶりに、2ndアルバム「AINOU」が11月7日(水)にリリース。すでにライブで披露しているポップ・チューン「きっとね!」「GUM」や、ネオ・ソウルの要素を多分に含んだ「get back」など、前作から大きな変化を感じさせるバンド・サウンドを展開。また、中村のピアノと歌声が堪能できる弾き語り楽曲「忘れっぽい天使」「そのいのち」など合計6曲が収録。今作には、荒木正比呂(Key. / レミ街)、深谷雄一(Dr. / レミ街)、MASAHIRO KITAGAWA(Cho.)、さらにスティーヴ エトウ(Strange Percussion)、西田修大(Gt. / 吉田ヨウヘイ group)、Ryo Tracks(Human Beatbox)、小西遼(Sax & Clarinet / CRCK/LCKS)、越智俊介(Ba. / CRCK/LCKS)などが参加。エンジニアは Suchmos、ceroなどを手がけた奥田泰次が起用され、うたの力を充分に発揮しつつも、現在先端音楽の空気を十二分に含んだ大傑作の一枚となっている。より一層多彩な活躍が期待される中村佳穂 (ナカムラカホ)の2ndアルバムから楽曲「きっとね!」を11月の『Hello! KYOTO POWER MUSIC♪』として、地元京都から1ヶ月間にわたってパワープッシュしていきます!

 
■HELLO! KYOTO POWER MUSIC♪特設サイト
http://www.kyomag.com/kpm/

 

 

 

 

goTop