京都学生アートオークション

20080218

a_1.jpg
「大学コンソーシアム京都」が主催する「京都学生アートオークション」は、
芸術系の大学に通う学生の「作家になる進路」を支援し、
社会と接するきっかけ作りを行うというもので、学生たちの作品を、
オークション形式で 手に入れることが出来ます。
2/12~2/17の14:00までプレビューが行われ、2/17の15:00から本番のオークションが行われました。
写真はプレビュー会場の様子♪

a_2.jpg a_3.jpg
31点展示されている作品のなかで、慶元が気になったのはコチラ!

a_4.jpg a_5.jpg
「京都嵯峨芸術大学」の「土手内友昭」さんの作品で、
模型やパソコンの部品などを用いたオブジェ・・ 街の音なども流れます。
プレビュー会場では土手内さんから作品に対する思いをお伺いすることができました。

a_6.jpg a_7.jpg
かわって、コチラはオークション当日の会場の様子・・
プロのオークショニアによる進行で臨場感たっぷりでしたよ!!
一般の方はもちろん、画廊の方や企業の方も参加されていました。
落札されたお金で学生たちは、画材を購入したりと活動の資金にしているそう。
このオークションを通じて学生たちは活動のノウハウを学んだりと、キャリア形成に役立ています。
「京都学生アートオークション」・・
私たちにとって、アートをより身近に感じさせてくれるいい機会と思いました。
次回の開催は、また来年ということです。

※京都学生アートオークションについて詳しくはコチラ

goTop