女優の「ミムラ」さん

20111007

111007mimura.jpg

今日のランチタイムは、
現在公開中の映画「天国からのエール」に出演されている
女優のミムラさんへのインタビューの模様をお届けしました。

「天国からのエール」は、
おととし亡くなった仲宗根陽さんという男性の実話を基にした物語です。
主人公の陽を演じるのは阿部寛さん。
ミムラさんは彼を支える奥様の役を演じています。

物語の舞台は沖縄。
お弁当屋さんを営む陽は、
ある日、店に来る高校生たちが、
バンドの練習場所がなくて困っていることを知ります。
そこで、若い彼らに何かをあきらめる人生を送らせたくない・・
そう思った陽は、
店のガレージを改装して、彼らのために小さな音楽スタジオを作ることに決めました。
手作りで完成させたそのスタジオで、陽は高校生たちにこう言います。
「スタジオの使用料はいらない。でも条件がある。
あいさつはキチンとしろ。赤点は絶対とるな。ルールは守れ」

高校生たちに大切なことを教えながら、彼らの夢を応援する陽。
そんな陽を最初は口やかましく感じる高校生たちでしたが、
事あるごとに本気で自分たちを叱ってくれる姿に触れるうち、
いつしか陽を”ニイニイ”と呼んで慕っていくようになるんですね。

ところが、そんな陽に病魔が忍びよって・・というストーリー。

ミムラさんにはこの映画の見どころや、
主演の阿部寛さんの役者としての魅力についてなどなど、
たっぷりとお話いただきました。

映画「天国からのエール」は現在公開中!
京都での上映劇場は「Tジョイ京都」と「ワーナーマイカルシネマズ高の原」です。

goTop