世界がひとつの家族のように

20141204

この時間は・・・
作詞家の「鮎川めぐみ」さんをスタジオにお迎えしました。
IMG_5408.JPG

鮎川さんは、ご自身が作詞された
京都府人権啓発イメージソング「世界がひとつの家族のように」を通じて
身近なところから人権について考えてもらうキッカケを作るため、
去年から今年にかけて、大学生を中心としたボランティアで作られた
「世界がひとつの家族のように・広め隊」のメンバーの方々とともに
京都府各地で、様々な活動をされています。

先月から今月にかけてだけでも、
亀岡・綾部・京丹後・宮津・・・京都府内を飛び回っていらっしゃいます。

鮎川さんや「世界がひとつの家族のように・広め隊」が次に向かうのは・・・

「人権を考えるつどい」
12月6日(土)
会場は長岡京市「長岡京市立中央公民館」です。

この日も「世界がひとつの家族のように」の合唱や紙芝居、手話のレクチャーなどがあります。
ぜひお出かけください。

その他、
来年3/5(土)八幡市での「八幡人権・交流センターまつり」への参加も決まっています。

goTop