地域情報発信コーナー『Kyoto Side』

20191018

今月からこのコーナープチリニューアル
「WEBサイト「KYOTO SIDE」をご覧いただいた感想」
「この“コーナー”への感想」
「オススメ“もうひとつの京都エリアスポット”」など
このコーナーや京都府にまつわるメッセージを頂き、
メッセージをOAした方の中から抽選で毎週2名の方に
α-STATIONオリジナルクオカード1,000円分をプレゼントします。
ぜひ、番組宛てにメッセージをお寄せください。
メッセージはホームページMessageフォームから↓
http://fm-kyoto.jp/message/?program=SIESTA%20GRAFFITY
番組名「SIESTA GRAFFITY」を選んでお送りください。

京都市内は、ようやく秋本番!!!
と言えるような、過ごしやすい気候になりまして、
僕なんかはどこかに行きたいな!と、
お出かけ気分が高まってきました。

どこに行こうかな?と、web「KYOTO SIDE」を見ていた時、
ちょっと気になる記事を見つけたんですよね。それは!
今年の8月23日にUPされている記事
「【京都通】ならおさえておきたい八幡市の面白い社寺 飛行神社・らくがき寺」です。

飛ぶ「飛行」に「らくがき」ですよ!
ちょっと少年心をくすぐられちゃいますよね。

さてさて、ではどんな社寺かというと、まず「らくがき寺」!
こちらは「単伝庵」というお寺なんですが、
「らくがき寺」の愛称の通り、本当に壁に落書きをすることができるんです!

といっても、お寺のどこに書いてもいいというわけではありません。

書いてもいいのは、
走っているような姿の「走り大黒天」が見守る大黒堂の中の壁。

昭和30年にお堂を建て替えた時、
協力してくれた人々の願いが大黒さまに届くようにと、
白壁に願い事を書いてもらうようになったそうなんです。
お堂内は壁一面、らくがきという名の願い事がびっしり。
でも、スペースがなくなったらどうするんだろう?と思いますよね?
実は毎年、年末に塗り直しているそうなんですが、
ご住職のお言葉がいいですよ。
「自分の願い事が叶うということは、いろいろな人の後押しがあってこそ。
こちらで、ただ“らくがき”をするだけでなく、
自分も人が願いを叶えるためのサポートをしなあかんな、
と少しでも思ってもらえたら」ということなんです。

では次に、「飛行神社」をご紹介したいと思います。
こちらは、大正4年、
日本で最初に「動力飛行機」を飛ばした「二宮忠八氏」が、
飛行機事故で亡くなった人々の霊を慰めるために
自費で創建した神社なんだそうです。
全国からいろんな方が
航空安全と航空事業の安全祈願に訪れるそうなんですが、
建物がめっちゃ変わってます! 
拝殿が白い柱の洋風建築なんですよ。
そこに込められているのは、
「海や陸地には限りはあるけど、空は世界に一つ同じ空がある」との想い。
世界各国からの参拝者を迎えるために、平成元年に建て替えられたそうです。

境内には二宮忠八資料館があり、
彼に関するいろんな資料から、
その生涯をたどることができるそうです。

自筆のスケッチとか写真とかをみると、本当に研究に対する熱量がすごい!
他にも、各地から奉納された航空関係の資料、図書、模型も展示されているんですが、
城陽市出身の飛行機マニアが奉納されたという、1000機以上のプラモデルは圧巻!

今回ご紹介した「らくがき寺」「飛行神社」は
どちらもお茶の京都エリア・八幡市にあります。

国宝の石清水八幡宮からもそれほど遠くない場所にあるので、
一緒に回るのもいいですね。

海・森・お茶の京都、そして竹の里・乙訓。
「もうひとつの京都」と呼ばれるこのエリアには、
まだまだ知られていない、素敵なスポットがたくさんあります。
このコーナーでは、
そんな地域の魅力を発信するwebサイト「KYOTO SIDE」に
掲載されている旬の情報をご紹介していきます。
webサイト「KYOTO SIDE」の方もとっても見やすく、とても分かりやすいです。
さらに、Facebook、Twitter、Instagramもありますので、
みなさんが見やすいものをチョイスしてみてください。
季節や時間によって色々な景色を見せてくれる京都。
このサイトを片手に、
京都をすみずみまで歩いて食べて見て体験してみてください。
あなたの知らない京都がここに詰まっています。
京都府内の穴場やグルメなどオススメの情報も多数掲載されていますので、
ぜひ、ご覧になってくださいね!
↓ホームページはコチラとなっています↓
https://www.kyotoside.jp/

goTop