カジヒデキさんが日曜日の夕方に聞きたい洋楽ナンバー♪

20120603

M1. Unique Tree / The Narcoleptic Dancers

日曜日の夕方。
「楽しい休日がもうすぐ終わってしまう」という、
ちょっぴりセンチメンタルなムードが漂う時間。
キュンと切ない気分になったりする。
アコースティック・ギターが優しくシャッフルするこの曲は、まさにそんなムード。
最近お気に入りの、フランス人デュオのデビュー・アルバムから。

M2. The Waltz Continues / Sweetmouth

そんなセンチメンタルな時間には、ワルツが良く似合う。
「さぁ、ワルツを踊り続けよう!」まだまだ楽しい時間が続く。
そして、夢見るような夜がやって来る。
80年代末に”パーフェクト”の大ヒットで知られるフェアグランド・アトラクションのギタリスト、
マーク・E・ネヴィンが解散後に結成したユニットのデビュー・アルバムから。

M3. Ex-Fan Des Sixties (想い出のロックン・ローラー) / Jane Birkin

子供の頃、サザエさんのエンディング・テーマを聞くと
「本格的に日曜日が終わってしまうんだなぁ」と切ない気持ちになったりしたけど、
ジェーンのこの曲もそんなメランコリックさを持っている。
イントロのエレクトリック・ピアノと、
それに絡んで来るオルガンの音を聴いただけで、死ぬ程キュンとします。
60年代の偉大なロック・ミュージシャンの名前が次々に飛び出す歌詞も、
最高にノスタルジック。

goTop