笠置町から【岩下毅】

20170328

去年奈良から笠置町に移り住まれたという「岩下毅(いわしたたけし)」さんを
お迎えしました。image2

京都府最南端の相楽郡(そうらくぐん)東部に位置する「笠置町」。
豊かな自然に恵まれたこの笠置町には、
春は木津(きづ)川(かわ)河川敷(かせんしき)の桜、夏はキャンプやバーベキュー、秋は紅葉狩り、そして、冬は名物のきじ鍋やぼたん鍋などの料理をお目当てに、
多くの方が訪れます。
また、笠置町は 木津川沿いにボルダリングに適した巨大な岩が多くあることから、
ここ数年、自然の岩場でボルダリングが楽しめるスポットとしても人気上昇中で、
今年完成したばかりの青春“ボルダリング”ムービー『笠置Rock!』の舞台にもなりました。
一方、笠置町は 総人口がおよそ1400人、京都府内で最も人口が少なくて、
全国でも2番目に人口が少ない“町”です。
しかもその半数近くが65歳以上の方ということで、
“少子化・高齢化”の問題にも直面しています。
そこで、笠置町では 今、まちににぎわいを取り戻すため、様々な取り組みに力を入れています。
詳しくは笠置町のホームページまで

goTop