LET’S “KYO” TOGETHER~今日からはじめる 京からはじまる~

20171126

このコーナーでは「京都のためのちょっといいこと」をテーマに,
リスナーの方にも参加できる京都のまちづくりの取組を紹介しています。
今日は,子育て支援や地域を活性化させるまちづくり活動などに取り組まれている
NPO法人「子育ては親育て・みのりのもり劇場の」西田玲子さんにお話を伺いました。
IMG_5305

「NPO法人子育ては親育て・みのりのもり劇場について」
みのりのもり劇場は,子どもや子育て中の親などが,
「楽しみ」と「喜び」を感じながら子育てができるよう,
子育てに関する支援や情報提供を行うとともに,
地域団体等と協働し,発展的な地域の活性化などを目指し,
まちづくり活動に取り組んでいる団体です。
右京区太秦の大映通商店街の真ん中にある,
コミュニティスペース「キネマ・キッチン」を拠点に,地域の大切な仲間が,
「繋がって」,「広がって」,「続く」そんな地域の絆を創り出す活動を展開しています。
主な活動には,子育てに関する劇を媒体に,子育てに関する気づきや想いを語り合う, 
「どらりん劇団の子育てJOYトーク」や,右京区の様々な地元情報を発信する,
年4回,各1万部発行のフリーペーパー「右京じかん」の作成,
毎月第2土曜日に太秦の自然幼稚園の園庭に,様々なお店やパフォーマーが登場する,
手づくり市&フリーマーケット「太秦あそべるつながる二土の市」の開催などがあります。
次回の二土の市は,12月9日(土)開催です!
他にも「右京じかん」から始まった「現代版わらしべ長者」等に取り組んでいます。
また,活動拠点のキネマキッチンは,映画の博物館&カフェになっており,
年代物の映写機,台本,雑誌等を展示するとともに,地元のおいしい食材を使ったおばんざい
バイキングや定食,お弁当,夜は居酒屋メニューなどを提供しています。

「現代版わらしべ長者の取組について」
「地域の人と人をつなぐ企画をしたい!」そんな想いから,
「右京じかん」の誌面で,物々交換を呼びかける企画
「現代版わらしべ長者」が始まりました。
2012年にチョコからスタートした物々交換が,絵本になり,マグボトルになり,
人形になり,バッグになり,ガスファンヒーターになり,・・・,
丸4年が経過し,全部で28回程度の物々交換をした結果,チョコから始まった物々交換が,
「地域のために使ってほしい」と,京都市右京区の京北にある,
土地付きの空き家になりました。
現在,京北地域では,豊かな自然を求める観光客や,
U・Iターン等で移住を希望する人が,気軽に利用できるカフェや,
お試しで田舎暮らしができる安価な宿泊施設が少ない状況にあることから,
譲り受けた古民家を改修し,
古民家カフェ&お試し移住者向けシェアハウスをつくることを決め,取組を進めています。
この取組は,学生,地元の企業や団体,商工会など,
様々な方の協力を得て進めていますが,補助金等だけでは,改修費用が足りないため,
クラウドファンディングサイトの「キャンプファイヤー」において,
皆さんからの支援を募集しています。 

「支援を行う方法について」
「キャンプファイヤー」と検索し,
クラウドファンディングサービスのホームページをご確認ください。
そして,ホームページ内の検索フォームに,
「現代版わらしべ長者」と入力し,プロジェクトの詳細ページにお進みください。
3,000円からの寄付を募集しており,寄付していただく金額により,
チョコ,Tシャツ,京北のお米,とれたて野菜,お酒,日帰り京北ツアー,
完成後のシェアハウスの無料宿泊券など,様々なリターンを用意しています。
募集期間は,12月8日(金)までです。皆さんからのご支援をお待ちしています。

もう一つお知らせです!みのりのもり劇場も運営のお手伝いをしている,
高雄の絶景が楽しめるハーフマラソン「高雄マウンテンマラソン」が,
12月17日(日)に開催されます。
実は,昨日25日で応募締め切りだったのですが,
このラジオをお聴きの方だけ,29日までのお申込み・ご入金でご参加いただけます!
参加申込の詳細は,「高雄マウンテンマラソン」のホームページをご確認ください。

お電話でのお問い合わせは「NPO法人子育ては親育て・みのりのもり劇場」
「075-882-3309」へお願いします。

goTop