LET’S “KYO” TOGETHER~今日からはじめる 京からはじまる~

20171022

このコーナーでは「京都のためのちょっといいこと」をテーマに,
リスナーの方にも参加できる京都のまちづくりの取組を紹介しています。
今日は,青少年の育成に貢献することなどを目的に活動に取り組まれている
花園ジョイフル子ども会の北藤典也さんにお話を伺いました。
IMG_5247

「花園ジョイフル子ども会について」
花園ジョイフル子ども会は,右京区太秦安井辻ノ内町にある,
日本ナザレン教団花園キリスト教会が運営する子ども会で,
キリスト教精神の基に,青少年の育成や子育て世代のコミュニティづくりに
貢献することを目的に活動を行っています。
学童施設の定員オーバー,安全・自由に遊べる場所の減少,
共働き世帯の増加などの様々な要因により,
子どもたちの遊びや生活を取り巻く環境が大きく変化する中で,
子どもがのびのびできる環境をつくりたいという想いで,活動に取り組んでいます。
主な活動には,毎週日曜日の午後1時~2時まで,幼稚園児や小学生を中心に,    
英語を使った歌や遊び,折り紙や工作,ピクニック,絵本の読み聞かせなどを行い,
子どもに,創造力・発想力・社会性を身に付けてもらう「子ども会定例会」や,
毎月第2・第5日曜日の午後1時30分~3時30分まで,子育て中のママを対象に,
子育てをちょっと離れてホッとお茶を飲んでいただく「子育て世代のお茶会」,
子どもが命の在り方を学ぶ場である「花園教会水族館」の運営などがあります。
子ども会やお茶会は,事前申込不要で無料で参加いただくことができます。
お茶会では,託児ボランティアがお子さんの相手をしますので,
乳幼児,幼稚園児,小学生などを抱え,外に出かける事が難しいお母さんなど,
気軽にお越しください。 
また,10月29日(日)午後1時からは,
子どもが楽しめるハロウィンイベントを開催し,1時30分からは,
こども仮装パレードを行いますので,お子さんを仮装させて,ぜひお越しください。

「花園教会水族館について」
「花園教会水族館」は,生きた魚を見たことがないという,
子どもの声から始まった,子どもが1人で来ることができる,入場無料の水族館です。
子どもが生き物に実際に触れて,楽しく命の在り方を学ぶ場として活用しており,
現在,180種類・800匹以上の淡水魚を中心とした生き物が暮らしています。
この「花園教会水族館」は,環境省,農水省からも私立の水族館としての
教育展示として認定を受けており,カミツキガメやブラックバスなどの
飼育する事が禁止されている「特定外来生物」や,1メートルを超える大型ナマズ,
世界最大淡水魚のピラルクなども飼育されている,京都随一の淡水魚水族館です。
水族館の入場は無料となっていますが,平日の入場には,予約が必要になりますので,
ホームページの予約フォームからご連絡をお願いします。
土日は,開館時間は,午後2時~5時までとなっており,
予約不要で入場いただくことができます。
生き物を見ていただくだけでなく,エサやり体験などもしていただくことができます。
詳しくは,「花園教会水族館」と検索し,ホームページをご確認ください。

「ボランティア募集について」
子どもと一緒に遊び,勉強を教えていただけるボランティアを募集しています。
現在,花園ジョイフル子ども会の子ども会員数が80名を超えており,
一緒に活動していただくボランティアの方がさらに必要な状況です。
ボランティアの方の条件としましては,大学生や専門学生の方で,責任感が強く,
子どもと信頼関係が築ける方,また,花園ジョイフル子ども会が,
キリスト教精神を基盤にした子ども組織のため,そのことを理解いただける方となります。
活動は,シフト制になりますので,ボランティアの時間の調整が可能です。
交通費は支給できませんが,ボランティア保険には,加入させていただきます。
できるだけ長期間で活動していただける方を募集しています。
ボランティアとして,活動していただける方がいらっしゃいましたら,
ホームページのボランティア応募ページからお申込みください。
詳しくは,「花園ジョイフル子ども会」と検索し,ホームページをご確認ください。

お電話でのお問い合わせは
「花園ジョイフル子ども会」075-812-1177へお願いします。

goTop