LET’S “KYO” TOGETHER~今日からはじめる 京からはじまる~

20171001

このコーナーでは,「京都のためのちょっといいこと」をテーマに,
リスナーの方にも参加できる京都のまちづくりの取組を紹介しています。
今日は,「町家キルト」の創作活動に取り組まれている
手芸家の林サヨコさんにお話を伺いました。
IMG_5214
IMG_5213

「町家キルトについて」
京都の町家や風景をパッチワークキルトで表現した作風の事で,
アメリカンパッチワークとの違いを表すために,
町家キルトと林さんが名付けました。
町家キルトを通して多くの方に,京都の良さを再確認していただく活動に取り組み,
懐かしい京都の街並みを大切にしたいと思う人を増やしたいと考えています。
また,町家キルトの材料は,箪笥に眠る代々の古着物です。
古い着物地を使うことで,懐かしさと温かさも感じられる作品となります。
現在,「町家キルト」を多くの方に知っていただくために,個展の開催や,
日本でただ一つの町家キルト教室の開講などに取り組んでいます。

「10月末から開催される個展について」
「林サヨコ創作キルトの世界~古布で綴るかやぶき物語~」を,
10月31日(火)~12月3日(日)まで,
京都府南丹市美山町にある「美山かやぶき美術館」で開催します。
入館料は500円で,開館は午前10時~午後4時30分まで,
月曜日は休館となっています。
生まれ育った町家とかやぶき屋根のデザインは,
林さんの作品の大切なモチーフになっています。
縦220cm×横175cmで1枚の絵の中に,かやぶきの四季を表現した,
新作タペストリーも展示させていただきます。
また,11月4日(土)には,関連イベントとして
「溝淵仁啓ギターコンサートin美山~町家キルトと紅葉に包まれて~」を開催。
当日は,午後4時開演,参加費は入館料込みで,予約3,000円,当日3,500円。
コンサートでは,アルハンブラ宮殿の思い出等のクラシックギターの名曲や,
赤とんぼ等の秋のイメージの曲の演奏,
そして林さんの作品をイメージしたオリジナル曲と詩の朗読とのコラボ演奏などを行います。
来年の2月21日~27日には,京都祇園ギャラリー西利でも個展の開催が決まっています。
詳しくは,「林 サヨコ」と検索し,ホームページをご確認ください。

「町家キルト教室の参加者を募集中」
町家キルト教室に参加し,懐かしい京都の町並みや風景を「町家キルト」で表現し,
たくさんの方に京都のすばらしさを再確認していただく活動を行いませんか?
現在募集しているクラスは,水曜日クラスと木曜日クラスがあり,
月2回,隔週の開催で時間は,午後1時30分~3時30分までの2時間,
入会金5,000円,月謝6,000円です。
伏見区深草直違橋にある工房で,初心者を対象に,小人数でゆっくりとしたペースで
お教えさせていただいていますので,
「町家キルト」で懐かしい京都の町並や風景を残す活動に興味のある方は,ぜひご参加ください。
詳しくは,「林 サヨコ」と検索し,ホームページをご確認ください。

goTop