LET’S “KYO” TOGETHER~今日からはじめる 京からはじまる~

20170924

このコーナーでは「京都のためのちょっといいこと」をテーマに,
リスナーの方にも参加できる京都のまちづくりの取組を紹介しています。
今日は,支援が必要な方々に食品をお届けする
「フードバンク活動」などに取り組まれている
NPO法人セカンドハーベスト京都の澤田政明さんにお話を伺いました。
IMG_5198

「NPO法人セカンドハーベスト京都について」
セカンドハーベスト京都は,安全に食べられるにも関わらず,
廃棄されてしまう食品を集め,支援が必要な方を支える団体等に
提供する活動を行い,フードロスの削減や必要な方に食品を提供できる
社会の実現を目指している団体です。
セカンドハーベスト京都では,食品を団体や施設などにお届けする「フードバンク」,
家庭の食品を集荷地点で寄贈いただく「フードドライブ」,
子ども食堂の起ち上げ支援や普及啓発等を行う「子ども食堂」支援などに取り組んでいます。
食品提供をご希望される団体・施設からの相談や,
子ども食堂をはじめたい方や運営されている方からの相談を受け付けています。
また,現在,個人の方へ食品を直接提供することは行っていませんが,
京都市内にお住まいの方はパートナー団体を通しての支援が可能な場合もありますので,
ご相談ください。

「フードドライブを実施されることについて」
「フードドライブ」は,家庭にある「買い過ぎた」「味が好みじゃない」
「お中元やお歳暮でもらったけど使い切れない」などの食品を寄贈していただく活動で,
地域や学校,会社,団体などで,食品ロスを減らす取組としても注目されています。
今回,9月30日(土)に西京極スタジアムで開催される,
「京都サンガF.C. VS ジェフユナイテッド千葉」との試合において,
この「フードドライブ」を実施します。
寄贈いただきたい食品は,缶詰,インスタント麺類,レトルト食品,
平成28年以降のお米などになり,
西京極スタジアムフレンズスクエア内の特設ブースにおいて,
正午から午後3時まで,食品1品からの寄贈を受け付けます。
なお,寄贈いただく食品の条件としまして,「賞味期限が2ヵ月以上あるもの」,
「未開封であるもの」,「自家製の加工食品ではないこと」になります。
お持ちいただく食品について,事前にホームページに掲載しますので,
お手数ですが,「セカンドハーベスト京都」と検索し,ホームページをご確認ください。

「ボランティアや食品の寄付などを募集されてます。」
食品を団体や施設などへお届けいただく,ドライバーやアシスタント,
また,フードドライブの受付を行っていただくボランティアの方を募集しています。
詳細についてはホームページをご覧いただき,ご質問等がありましたら,
ホームページのお問合せ欄から,ご連絡をお願いします
現在,お米,レトルト食品,缶詰,野菜,飲料,お菓子,離乳食など,
皆さんからの食品の寄付を募集しています。
加工食品は,賞味期限が1ヶ月以上で未開封のもの,
自家製の加工食品や匿名の寄付は不可,宅配便の元払いでの送付をお願いしています。
また,フードバンク活動を行うための寄付を募集しています。
約1000円の寄付で,80人以上の方へ食品をお届けすることができますので,
皆さんのご協力をお願いします。
他にも,食品関連企業や農業経営者の方で,市場に出せなかった食品や
戻ってきた食品で,社会貢献をしたいとお考えの方からのご相談もお待ちしています。
詳しくは,「セカンドハーベスト京都」と検索し,ホームページをご確認ください。

お電話でのお問い合わせは,
「NPO法人セカンドハーベスト京都」075-343-7250へお願いします。

goTop