LET’S “KYO” TOGETHER~今日からはじめる 京からはじまる~

20170910

このコーナーでは「京都のためのちょっといいこと」をテーマに,
リスナーの方にも参加できる京都のまちづくりの取組を紹介しています。
今日は,本やわらべうたを通して,
親子のふれあいの楽しさや必要性を伝える活動に取り組まれている
京都南この本だいすきの会の岡田典子さんにお話を伺いました。
IMG_5177

「京都南この本だいすきの会について」
京都南この本だいすきの会は,北海道から沖縄までの全国約70支部で,
子どもと本をつなぐ活動を行っている「この本だいすきの会」の支部として,
1998年6月に活動をスタートさせた団体です。
京都府内8つ目かつ,唯一の主婦だけの支部として,
「絵本で子育て 心育て~絵本で育つ心とことばの力~」
「子育てに絵本とわらべうたを」をスローガンに,
乳幼児から小学生の親子や,マタニティママ・パパなどを対象に,
本の読み語りや一緒にわらべうたで遊ぶ活動を行っています。
主な活動には,本の読みがたりや貸出を行う出前型「ぴよぴよ文庫」,
保育園,幼稚園,児童館,図書館,子育てサークルなどで,
幼児を対象に開催しているおはなし会の「わらべうたとおはなしの世界」,
毎年1回開催している「京都南子どもの本と文化の集い」の開催などがあります。
また,子育てに役立つ講座やおしゃべりタイムなども開催し,
参加者の親同士の交流を深める場にもなっています。

「京都南子どもの本と文化の集い開催について」
10月22日(日)の午後1時30分から午後3時30分まで,
「第19回京都南子どもの本と文化の集い」を,
イオンモール京都Sakura館4階の「南区暮らしの工房館&Kotoホール」で開催します。
当日は,南区にある3図書館の職員による「ミニお話し会」の後,
絵本作家の正高もとこ氏を講師に迎え,
「なぜ子どもに絵本を読むの?絵本を読むといいことあるよ!」をテーマに,
お話しいただきます。
正高さんは,「がまとうさぎのもちあらそい」,「まいにちまいにちたんじょうび」,
「つばめのピーちゃん」,「どんぐりころちゃん」などの著者で,
当日は,子どもの成長に大きく影響する,
絵本のチカラや子育ての楽しみ方などのお話しをしていただきます。
終了後には,正高さんの著書販売サイン会も行います。
参加料は無料で,お子様の授乳&お昼寝スペースも用意していますので,
ぜひ,お子様と一緒に楽しい子どもの本のお話しを聞きにきてください。
会場の座席の関係上,できる限り電話での事前申込をお願いしています。
また,このイベント以外にも,先ほどご紹介しました様々な企画を,
府内の児童館や図書館などの様々な場所で実施しています。
直近では,18日(月)に吉祥院図書館で赤ちゃんのおはなし会,
19日(火)に南区子育て支援ルームすくすくみなみで絵本とわらべうたあそび,
21日(木)に松陽児童館でわらべうたとおはなしの会,
25日(月)に久世ふれあいセンター図書館ちいさなおはなし会で
乳幼児親子のおはなし会を開催します!
詳しくは,「京都南この本だいすきの会」と検索し,ホームページをご確認ください。

「一緒に活動を行うメンバーを募集されています。」
主な活動は,図書館や児童館,子育てサークルなど,
毎月7ヵ所で8~10回行っている,絵本の読み語りや,
わらべうた遊びなどになります。月1回の参加でも大丈夫です。
参加してみたいという方がいらっしゃいましたら,ぜひご連絡をお願いします。
詳しくは,「京都南この本だいすきの会」と検索し,ホームページをご確認ください。

お電話でのお問い合わせは,
「京都南この本だいすきの会」070-5348-4582へお願いします。

goTop