LET’S “KYO” TOGETHER~今日からはじめる 京からはじまる~

20170820

このコーナーでは「京都のためのちょっといいこと」をテーマに,
リスナーの方にも参加できる京都のまちづくりの取組を紹介しています。
今日は「認知症にやさしいまちづくり」のために全国で実施される
「RUN伴」について京都市福祉サービス協会の
河本歩美さん,森賢一さんにお話を伺いました。
IMG_5161

「RUN伴について」
RUN伴は,認知症の方やその家族,支援者,一般の方などの様々な参加者が,
北海道から沖縄までを走って,歩いてタスキをつなぎ,
日本を縦断するというイベントです。
参加者や応援の方など,多くの方に認知症について知っていただき,
全国のすべてのまちで認知症の方が,
安心して暮らせるようになることを目指して開催しています。
今年の京都市での開催は,10月22日(日)になり,現在,準備を進めています。
実行委員として,今年で7回目になるこのイベントを,多くの方に知っていただき,
参加チームを増やしたいという想いで広報活動などに取り組んでいます。

コースは,府庁を出発し,八幡市から京田辺市に向かう西ルートと,
府庁を出発し,宇治市から京田辺市に向かう東ルート、
市内コースの3コースになります。
今後,詳細なルートが決まりましたら,ホームページ等でお知らせさせていただきます。
また,当日は,光華女子大学の「華羅紅」のパフォーマンスを,
ゼスト御池で予定していますので,こちらもぜひ見に来てください。
詳しくは,「2017RUN伴 京都市」と検索し,フェイスブックページをご確認ください。

「RUN伴に参加するランナーを募集されています」
RUN伴に参加し,一緒に京都のまちを走ったり,
歩いたりしていただける参加者を8月31日(木)まで募集しています。
エントリーは,3人以上1チームでのエントリーとなり,
参加費は,特製Tシャツとイベント保険代込みで2,500円となっています。
実際にタスキをつないでいただくコースは,エントリー受付後に,
各チームの希望距離や区間,開催に協力いただける中継地点などの状況をもとに,
実行委員で決定させていただき,お知らせします。
毎年,認知症の方やその家族,介護施設のスタッフ,行政,企業,
スポーツ少年団,学校など,様々な方に参加いただいています。
たくさんの方が参加し,皆でタスキをつなぐことが目的なので,
走らなくても,短い距離の参加でも大丈夫です。どなたでも気軽にご参加ください。
エントリー方法など詳しくは,「2017RUN伴 京都市」と検索し,
フェイスブックページをご確認ください。

「ボランティアを募集について」
開催当日は,3コースに分かれて参加者がタスキをつなぎいでいきますので,
ランナーのサポートや応援者の整理など,やることがたくさんあります。
現在,当日の運営をお手伝いいただけるボランティアの方を募集しています。
主な活動内容は,ランナーのサポートや啓発グッズの配布,
応援者の呼び込みなどになります。
ボランティアを希望される方がいらっしゃいましたら,
電話でのご連絡をお願いします。
参加条件等は特にありませんので,こういったイベントに興味のある方や
ちょっとお手伝いしてみたいと思われる方など,ぜひご連絡ください。
また,この日は,認知症支援のシンボルカラーである
オレンジ色のものを身に付けて出かけることを呼びかける,
オレンジプロジェクトを実施します。
ぜひ,皆さんで京都市内をオレンジに染めましょう!

goTop