LET’S “KYO” TOGETHER ~今日からはじめる 京からはじまる~

20170129

このコーナーでは,「京都のためのちょっといいこと」をテーマに,
リスナーの方にも参加できる京都のまちづくりの取組を紹介しています。
今日は,薬草等の天然資源を活用した健康づくりや
環境保全などの活動に取り組まれている
認定NPO法人天然薬用資源開発機構の馬寧さん,清野利夫さんにお話を伺いました。
IMG_4707 

認定NPO法人天然薬用資源開発機構の活動について」
私たちは,薬草等の天然資源の普及活動に取り組むとともに,
中身のある質のよい長寿社会の確立,新たな薬草等の天然資源の研究,
海外での薬草栽培等を通じた国際交流と現地の方々の新しい仕事の創出など,  
互恵社会を実現させ,社会に貢献することを目的に活動をしている,
京都で2番目に認定されたNPO法人です。
健康な体を維持するためには,各自が持っている治癒力を活用することが大切で,
合成の医薬品のみに依存しない健康づくりと生活環境は切り離せない関係です。
そのため,当法人は,
環境保全と健康づくりを総合的に考え実践する法人として活動を行っています。
主な活動には,健康や病気に対する自然療法を学んでいただく
「自然療法アドバイザー養成講座」,薬膳講座,気功講座,ヨガ講座等の開講,
国内外での自然の節理を知り自然との共生と健康づくりを考える「自然観察会」の開催,
民間企業や自治体の健康セミナー等への講師出講などがあります。
他にも,当法人付属の左京区花脊にある「京都薬草の森公園」で,
樹齢数百年の台杉群や樅の自然林,イヌブナや薬木のタムシバ,
ホオノキなど貴重な天然林の保存活動や,伝統医学で用いられている
薬草の正しい情報を得るために,オーストラリア,中国,インド,ベトナム,
タイ等の大学や研究機関等との交流などに取り組んでおり,
最近は,特にミャンマーとの交流に力を入れています。

「2月に開催される自然療法アドバイザー養成講座について」
漢方薬や食養生を中心として,病気にならない仕組などを学んでいただく,
自然療法アドバイザー養成講座を2月も開講します。
土曜コースは,2月4日(土)14時~16時30分,
木曜コースは,2月23日(木)14時~16時30分の日程で開講します。
会場は,上京区椹木町通黒門東入中御門横町のファルマフードビルにある
当法人の事務所のセミナー室になり,受講料は,正会員2,500円,
その他3,000円,学生1,000円となっています。
当日は,季節の薬草や草木の解説,身近に発症する病気の発症原因と
その対応などについて説明させていただきます。
健康や病気に留意するために,自然療法を習得したい方など,ぜひご参加ください。
参加には,事前申込が必要になりますので,お電話でお問合せください。
詳しくは,「天然薬用資源開発機構」と検索し,ホームページをご確認ください。

「ボランティアや会員を募集されています」
左京区の花脊にある,京都薬草の森公園を中心とした山の整備活動や,
化学肥料や農薬に依存しない畑での作業を行っていただけるボランティアを募集しています。
作業内容は,堆肥造りや除草などの軽作業を体力に合わせて行っていただきます。
昼食には病気が近寄ってこない体になる食事を提供させていただいています。
きれいな空気とおいしい水のある花脊で,適度に体を動かし,
ボランティアをしながら健康になりませんか?
学生さんから退職後の方まで,広く募集しています。
また,当法人設立の目的達成に向けた活動を資金面から
支援していただける会員も募集しています。
会員には,総会の議決権や講座等の参加費の割引等の特典がある「正会員」,
正会員のご家族で参加費割引等の特典がある「家族会員」,総会の議決権はなく,
会報誌を購読いただける「情報通信会員」,総会の議決権等はなく,
資金面の支援を行っていただく「支援会員」があります。
詳しくは,「天然薬用資源開発機構」と検索し,ホームページをご確認ください。

お電話でのお問い合わせは,
認定NPO法人天然薬用資源開発機構「075-803-1653」へお願いします。

goTop