LET’S “KYO” TOGETHER ~今日からはじめる 京からはじまる~

20161218

このコーナーでは,「京都のためのちょっといいこと」をテーマに,
リスナーの方にも参加できる京都のまちづくりの取組を紹介しています。
今日は,こどもの健全育成に寄与するために,
アートを通して様々な事業を行っておられる
NPO法人こどもアートの理事長 加藤ゆみさんにお話を伺いました。
img_4598

「NPO法人こどもアートの活動について」
「こどもゴコロ」が,生きること,暮らしに,社会にどう役立つのか研究しており,
『あそなび asonabi 』という言葉をキーワードに,ワークショップやイベント,
プログラムの企画,研究会,講座の開催などに取り組んでいます。
「あそなびasonabi」は,「あそび」と「まなび」をくっつけた造語です。
あそびとまなび,両者に共通するのは,「び」です。
「び」は,ビューティフル(美しさ・芸術),びっくり(ハッとする驚き・感動),
びびっと(直観・閃き)などに通じ,見方や感じ方,価値観までもが変化する言葉です。
様々な「こどもゴコロ」(遊び心,クリエイティビティ)を刺激する機会をつくり,
アートの視点から,一人一人のこどもが,未来に向かって,
イキイキと輝いて生きるためのお手伝いをしています。
あそびから何かをまなぶから面白く,まなびがあそびに変わるからもっと学べる。
あそなびは,そんな状態をいいます。
こどもは,生まれながらにあそなび状態で成長しています。
こどもに学ぶ!あそなびasonabiの力。
「こども」にきづき,未来をきずく。大人にも,今を生きる「こども」の存在を通して,
自分の内にある「こどもゴコロ」と向き合ってもらい,「わくわく」することを増やすことで,
イキイキと輝いて生きもらい,こどもと共に,心豊かな暮らし,まちの元気,
新しい社会の創造を目指してほしいと考えています。

「様々な講座やイベントなどを開催されています」
◎こどもアート研究会 み塾 実験講座を12月9日にスタートさせました。
第1回は,みずのてつお氏を講師に招き,書くという行為を通じて、
表現行為の根っ子にある,生きている感覚に気づいてもらい,
自らの「こどもゴコロ」と共に創造することを
楽しんでいただくという内容で開催しました。
本講座は,左京区田中東春菜町にある「the site F み塾」を会場に開催しています。
第2回以降の講座の内容は,詳細が決まり次第ホームページでお知らせしていきます。
他にも,オランダのクリエイティビティ溢れるライフスタイルに注目し,
子育て暮らしに役立つ情報,企画を提案・発信する
『「まさに,こどもアートの世界がここにあり!」
オランダレポート京都に“ミニ出島”をつくっちゃおう!』や,
綴れ織のワークショップ(京都),
竹・木のハンドメイキング・メガネ作りワークショップ(鯖江),
あそなびリトリート ZEN(スイス)を体験する
「あそなびasonabi」Holiday /Trip「こどもゴコロ」に出会う体験プログラムなどを計画中です。
詳しくは,「こどもアート」と検索し,ホームページをご確認ください。
   
「こどもアートの活動を一緒に盛り上げていくメンバーを募集中。」
今後も継続して活動を行っていくにあたり,
私たちの活動を資金面から支えていただける会員を募集しています。
会員には,メンバー,サポ―ター(個人・団体)があります。
会員になっていただいた方には,イベント・ワークショップ等への参加のご優待,
当法人の定例ミーティングへの参加や,
当法人に寄せられる様々な情報(お仕事含む)の優先的なご紹介などの特典があります。
また,「あそなび隊」という,こどもアートのワークショップをお手伝いして頂く,
登録制のボランティアサポーターを募集しています。
アートやこどもに関わりたい方,おとな,こども(保護者)経験や年齢,性別,
国籍は問いません(日本語がわからなくてもOK)。
こどもアートの活動を一緒に盛り上げてくださるみなさま,ぜひお待ちしています。
詳しくは「こどもアート」と検索し,ホームページをご確認ください。

goTop