LET’S “KYO” TOGETHER ~今日からはじめる 京からはじまる~

20161113

このコーナーでは,「京都のためのちょっといいこと」をテーマに,
リスナーの方にも参加できる京都のまちづくりの取組を紹介しています。
今日は,古文書を中心とする史料を保存し,歴史の事実を後世に伝える活動を行っておられる
NPO法人史料データ保存ネットワーク理事長・向坂正美さんにお話を伺いました。
img_4581

「NPO法人史料データ保存ネットワークの活動について」
私たちは,主に一般家庭に残っている,
未調査の古文書を中心とする「紙史料」を保存し,
それを次世代に伝えるための事業を行っています。
「家制度」の崩壊や団塊世代から次世代への引継の時期にあたる現在,
この様な古文書等がどんどん捨てられている現状があります。
古文書などの所有者に,私たちは,単に「保存してください」と言うだけではなく,
何が書いてあるのかを若い世代にも分かるようにすることで,
保存する気持ちが高まるように努力しています。
古文書がその家や地域にとって非常に大切な物であるという
認識を持っていただくことが重要だと考えています。
具体的な活動としましては,予備調査をした上で整理し,デジタル写真撮影・目録作成,
翻刻(現代の文字に直す事)を行い,その後,内容についての調査などを行います。
NPO設立から8年近くになりますが,
主な調査としては,江戸時代から洛中で呉服店を営んでいる家の古文書群,
洛中の有名老舗店のご先祖に関する古文書,
嵯峨に伝わる千手観音像(京都市指定有形文化財)にまつわる未発表の古文書など,
多数の調査を実施してきました。
また,京丹後市久美浜町甲坂区(当時18世帯50人の小さな集落)では,         
古文書を活用した集落誌「甲坂区誌」の編集・出版のお手伝いなども行いました。
     
「古文書無料相談会の開催について」
11月~12月にかけて,伏見区役所,醍醐支所,深草支所において,
古文書無料相談会を開催します。
開催日は,11月29日(火)醍醐支所,12月1日(木)深草支所,
12月2日(金)伏見区役所,12月8日(木)深草支所,
12月12日(月)伏見区役所でそれぞれ開催し,
時間はいずれも12時~16時までとなっています。
ご相談は,「無料」で事前申込みは必要有りません。
古文書などが少ない場合はお持ちいただければ,その場でわかる範囲でお答えいたします。
また,量が多い場合は,一部を持ち頂いても構いませんが,
後日お宅へ行って見せていただくことになるかと思います。
ただ,額や掛軸等に書かれた,いわゆる「書」と言われるものは対象外になります。
掛軸でも「古文書」が表装されたものなどは対象になります。

「一緒に活動を行う会員を募集中です。
無数に社会に埋もれている『古文書』を探し出し,
調査・保存をするためには,多くの資金や人材が必要になります。
私たちのNPOの趣旨をご理解いただき,賛同していただける方,
日本史のお好きな方,古文書に少しでも興味のある方,
そして古文書が読める方々を広く募集しております。
毎月第3土曜日に,史料調査実践講座や,古文書解読会を開催しています。
やっている仕事は,大変「堅い」のですが,
会は「自由で楽しく」をモットーに和気あいあいの雰囲気です。

会費は,入会金2,000円,年会費3,000円となっています。

詳しくは,お電話でお問い合せください。
お電話でのお問い合わせは,
NPO法人史料データ保存ネットワーク「090―1448―8572」へお願いします。

goTop