LET’S “KYO” TOGETHER ~今日からはじめる 京からはじまる~

20160731

このコーナーでは,「京都のためのちょっといいこと」をテーマに,
リスナーの方にも参加できる京都のまちづくりの取組を紹介しています。
今日は,~ひとごとではなく,「自分ごと」,「みんなごと」として市民・行政が協働!~
“みんなごと”のまちづくり推進事業について
京都市総合政策室創生戦略・市民協働推進担当の平山耕吏さんにお話を伺いました。
IMG_4438

“みんなごと”のまちづくり推進事業とは,
市民の皆さんと京都市が一緒になって京都のまちをもっとよくする,
もっと住みやすくするために,協働してまちづくりを進めていく事業になります。
事業名の「みんなごと」は,京都のまちにある様々な課題の解決を,「ひとごと」とし
て考えるのではなく,市民の皆さんも京都市も「自分のこと」
「みんなのこと」として一緒に考えよう,というところから来ています。
事業の具体的な内容の一つ目は,「自分がやる」「こんなことができる」という,
市民の皆さんのまちづくりに関する取組提案を募集し,
その取組提案の実現に向けたサポート等を京都市が行い,提案の実現を目指すというものになります。

二つ目は,取組提案を実現させる支援策として,「市民サポーター」に,
広報や営業等のノウハウを市民活動団体等に提供していただく,サポーター派遣です。

取組提案の募集について。
この番組でも,今年の1月末にご紹介させていただきました,
「地方創生に資する市民の主体的な取組提案」募集を昨年度から実施しており,
現在までに多数の提案をいただいています。
この度,より広く市民の皆さんの意欲的な提案をいただくために,
募集テーマを「市政全般,まちづくり全般」に拡大することとなり,
8月1日から,「京都がもっとよくなる,もっと住みやすくなる,まちづくりの取組提案」
をテーマに,例えば,○○等のみなさんが主体的に取り組む提案を募集します。
なお,今年度は,特に提案していただきたいテーマとして
「文化庁移転決定を機に,京都に息づく暮らしの文化をはじめ
日本の文化を市民生活に根付かせ振興・発信する取組」を集中的募集します。
取組提案は,京都市のホームページ「住むなら京都 情報サイト」の専用フォームか,
市役所本庁舎,区役所・支所等に配架する応募用紙に必要事項を記入のうえ,
郵送,FAX,Eメールでもご応募いただけます。
詳しくは,「住むなら京都」と検索し,ホームページをご確認ください。こちらでは,
過去の取組提案も全て掲載しています。

サポーター派遣について。
広く企業・団体等にお勤めの方,企業等のOBの方,大学生の方等で,
仕事や様々な活動で培った知識や経験を,社会のため,
まちづくりのために活かしてやろうという市民の方を募集し,
「市民サポーター」として登録させていただきます。
「市民サポーター」の方には,取組提案者に対して,
ホームページやチラシの作成などの広報関係,マーケティングなどの営業関係,
企画・報告書作成などの事務事業の改善,
様々な組織課題の整理等の支援を行っていただきます。
このサポーター派遣は,取組提案者の活動を充実させるとともに,
「市民サポーター」に,社会課題の解決等に自身の知識等を役立ててもらうことにより,
やりがいや生きがいを感じていただけたらと考えています。

詳しくは,インターネットで「住むなら京都」と検索し,
京都市のホームページをご確認ください。
また,市民サポーターの募集も8月1日(月)から開始されます。
こちらは「きょうとNPOセンター」と検索し,
きょうとNPOセンターのホームページをご確認ください。

お電話でのお問い合わせは,
京都市総合政策室創生戦略・市民協働推進担当
「075-222-3178」へお願いします。

goTop