Let’s Kyo Together~今日からはじめる 京からはじまる~

20160515

 このコーナーでは,「京都のためのちょっといいこと」をテーマに,
リスナーの方にも参加できる京都のまちづくりの取組を紹介しています。
今日は,若者の社会的自立に向けて,学習サポートなど,様々な支援に取り組まれている
NPO法人京都教育サポートセンター 事業所長の南山勝宣さんに話を伺いました。
160515let's2.jpg

NPO法人京都教育サポートセンターでは,
不登校・中退・引きこもりまたは,その恐れのある若者の社会的自立をお手伝いすることを目的に,
様々な支援活動を行っています。
具体的には,40歳くらいまでの方を対象に,青年たちが,様々な経験を通して,
生きていく勇気と自信を培うための様々なフリースクールを運営しています。
フリースクールの内容としては,学習サポート,居場所提供,レクリエーション
イベント等の開催,社会活動の実施,各種相談などになっています。
京都教育サポートセンターは,元々大検予備校からNPOのフリースクールになった経緯があり,
特に学習サポートには強みを持っています。

また,2015年度より,保護者が仕事などで自宅にいない小1~中3のお子様を対象として,
お子様をお預かりし,塾として学習サポートを行う,学童保育的な活動も始めました。
京都教育サポートセンターができることについては,ホームページに一覧を掲載していますので,
「京都教育サポートセンター」と検索し,ご確認ください。

現在、自立支援活動の一環であるフリーマーケットで販売する物品や,
学習サポートで使用させていただく問題集,教科書,赤本,高卒認定試験問題集,
パソコンソフト,絵本,知育玩具などの寄贈を随時募集しています。
また,機関紙「KSCE通信」のメール添付カラー版・紙面購読会員を募集しています。
メール版は年額3,600円,紙面版は年額6,600円の寄付をお願いしています。
寄付会員も随時募集しており,
寄付金額により当所の活動である「ものづくりかふぇ」で作成しているものをお礼としてお送りしたり,
機関紙にお名前を掲載させていただいています。
他にもいろいろなご支援を募集していますので,活動の趣旨等をご理解いただき,
ご協力いただける方は「京都教育サポートセンター」と検索し,ホームページをご確認ください。

さらに活動を一緒に行っていただくスタッフボランティアを募集されています。
男女を問わず,活動を無償でお手伝いいただける方で、
小学生から40歳ぐらいまでの方を相手とした,フリースペースやイベントなどでの
生徒の話し相手・遊び相手,学習サポートや,簡単な事務作業などの活動を行っていただきます。
応募条件は,
・年齢20歳以上40歳代くらいまでの方(学生さん可能です)
・週1回以上ほぼ定期的に同じ曜日に活動いただける方
・時間は10:30~19:00の中でできるだけ長くいていただける方
・人の応対のボランティアのため,原則6ヶ月以上活動の見込める方 
・本人の様々な考え方や意識を柔軟に受けとっていこうという意識が持てる方 です。
なお,面接をさせていただき,詳細を説明させていただきますので,
希望される方は,ご連絡をお願いします。

詳しくは,「京都教育サポートセンター」と検索し,ホームページをご確認ください。

お電話でのお問い合わせは,
NPO法人京都教育サポートセンター「075-211-0750」へお願いします。

goTop