Let’s Kyo Together~今日からはじめる 京からはじまる~

20160605

このコーナーでは,「京都のためのちょっといいこと」をテーマに,
リスナーの方にも参加できる京都のまちづくりの取組を紹介しています。
今日は,「京都市政出前トーク」を実施されている
京都市総合企画局総合政策室の河北直知さん,平山加菜さんにお話を伺いました。
160606lets2.jpg

「京都市政出前トーク」は,京都市の様々な取組について,
あらかじめ設定したテーマの中から,市民のみなさんが聞きたいテーマを選んで申し込んでいただき,
担当職員が直接お伺いして,ご説明させていただくものになります。
これにより,市民のみなさんに市政やまちづくりに関する理解を深めていただき,
市民参加のきっかけとすることを目的にしています。
今年度も,市民のみなさんの関心が高い取組についてテーマを設定しており,
例えば,市政のしくみ,まちづくり・市民参加,環境・緑化,消防・防災など,
全部で14分野,273テーマを設定しています。

また,将来を担う小学生や中学生を対象に,大人と同じ説明ではなく,
子どもにもわかりやすい簡単な言葉で説明するテーマで「子ども向け出前トーク」も実施していますので,
たくさんの方に利用いただき,子どもたちに市政に興味を持ってもらうきっかけになればと考えています。

最近人気が高いテーマは「ホントに身近な防災対策アレコレ」,「悪質商法の手口と対処法」,
「結核・感染症の予防について」などです。
防災については,熊本地震,東日本大震災の発生,また,南海トラフ大地震が起こると言われていることで
市民の皆さんの防災意識が高まっていると感じています。
また,悪質商法についても,次から次へと形を変える詐欺等,様々な報道などから,
常に市民の皆さんの関心が高いテーマとなっています。
今年度は新たに,「マイナンバー制度とは」,「京都市における京町家の保全・活用」,
「障害を理由とする差別の解消の推進について」「「塩,八分目」で適塩生活!」,
「京の空から市民の安心・安全なくらしを守る消防航空隊」 など,13テーマを設けました。
きっとみなさんがお聞きになられたい思うテーマがあると思いますので,
区役所等で配架されているリーフレット等を手に取ってご覧ください。
また,ホームページでもご確認いただくことができますので,
詳しくは,「京都市政出前トーク」と検索し,ホームページをご確認ください。

利用申込みの方法は市役所や区役所等にある「京都市政出前トーク」リーフレットや
京都市のホームページに,掲載している指定の申込書に必要事項を記載のうえ,
開催を希望する1箇月前までに,総合政策室や区役所へFAX,持参,郵送等でお申し込みください。
また,メールでお申し込みいただくこともできますので,
「京都市政出前トーク」と検索し,ホームページをご確認ください。
市内に在住,在勤又は通学する市民の皆さんで,
10人以上が参加される集まりであれば申し込めます。手話通訳又は要約筆記の派遣も対応できます。
費用は原則無料ですので,皆さんにどんどんご利用いただければと思います。
たくさんのお申込みをお待ちしています。

「京都市政出前トーク」は、今月6月1日(水)から平成28年度のテーマ受付を開始しています。
詳しくは,インターネットで「京都市政出前トーク」と検索してください。
お電話でのお問い合わせは,
京都市総合企画局総合政策室「075-222-3178」へお願いします。

goTop