『ふくしまとはじめよう』

20140116

毎週木曜日の新コーナー『ふくしまとはじめよう』

2011年3月11日に発生し、各地に甚大な被害をもたらした東日本大震災。
そんな中、福島県では「ふくしまから新たな流れを創っていきたい」という
未来への意思を込めたスローガン【ふくしまから はじめよう。】のもと、
復興に向けた取り組みを行っています。

このコーナー『ふくしまとはじめよう』では、
そんな福島県と京都をつなぐ架け橋となるべく、
様々な角度から福島県の「今」と「魅力」を伝えていきます!!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

第3回
今回は福島県と連携協力協定を結んでいる「立命館大学」から、
こちらのお2人が登場!!

140116KAL01.JPG
・木戸彩恵さん(立命館グローバル・イノベーション研究気候 専門研究員)
・河村智也さん(文学部心理学専攻4回生 サトウタツヤゼミ所属)

風評問題、関西・世界からみた福島のイメージ、ボランティア活動など、
お2人それぞれに福島県について、考える場をもたれているとのこと。

実際に足を運んで見ると、おいしい食べ物やおもしろいモノがいっぱいで、
毎回足を運ぶたびに、新たな発見があるそうです!!

・ちなみにお2人がオススメする福島の「食」は・・・
木戸さん⇒馬刺し(お味噌をつけていただきます!)
河村さん⇒ギョーザ(実はギョーザが有名!「円盤ギョーザ」というそうです!)

福島の復興について、どんなことが大切だと思いますか?という質問には、
「ひとりひとりが、これからも続けて気にかけていくことが大事」
と答えてくださいました!!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

このコーナー『ふくしまとはじめよう』では、
毎週、福島県の「今」と「魅力」をお伝えしています。来週もお楽しみに!!

goTop