6/25 Meets The Kyoto

20180625

> MEETS THE KYOTO INFORMATION >>>>>>>>>

今週は、「献血」にまつわるお知らせです。

街を歩いていて、駅前や献血ルームの前で、献血を呼び掛けられた。
そんな経験はありませんか?
皆さんからの献血によって提供された血液は、
大けがや 病気など、様々な治療に使用されます。

医療が発達した現在でも、血液は、
人工的に造ることも、長期間保存することもできません。
常に新しい血液が必要です。

輸血を待つ患者さんは、全国で 毎日 およそ2,600人。
少子高齢化の影響などによって、近い将来、多くの血液が
不足するおそれがあります。

今、血液を必要としている患者さんのために。
一人でも多くの方に、特に、高校生・大学生をはじめとした、
若い世代の方に、献血へのご協力をお願いします。

献血の大切さを伝えるボランティア団体
「学生献血推進協議会」への参加も大歓迎です。

献血は身近なボランティアです。
皆さんの献血に対する思いが、誰かを救うきっかけになります。
皆さんのご理解とご協力をお願いします。

詳しくはこちら
京都府赤十字血液センターHP↓
https://www.bs.jrc.or.jp/kk/kyoto/index.html

京都府健康福祉部薬務課
TEL:075‐414‐4756

goTop