3/21Meets the Kyoto

20180321

「Meets the Kyoto」。
このコーナーでは、京都府内の様々な地域のイベントや
グルメなどのお出かけ情報から
リスナーの皆さんの生活に必要な情報まで、
京都の「今」を幅広くお伝えしていきます。

今日は綾部市にある【天文館パオ】をご紹介します。

緑豊かな自然環境や里山風景が美しい綾部市。
そんな綾部市の自然環境を活かした天体観察会を開催しているのが【天文館パオ】です。

95cmという、国内でもトップクラスの巨大な反射望遠鏡が設置された
【天文館パオ】には、触ることのできる実物の隕石や、
地球以外の星の重力の違いを体験できる宇宙体重計、星に関する多くの本、
天文や科学に関する映像番組を上映するハイビジョンシアターなど、
充実した設備が整えられているほか、様々な体験教室や物作り教室、
コンサートなど、多彩な内容のイベントも開催されています。

また、今月6日には2台の展示機器がリニューアルされました!

1台は、星占いと星座にまつわる神話を分かりやすく解説する
『星占いと星座の世界』。
もうひとつは、銀河や惑星を映した大画面モニターを見ながら
ペダルをこいで宇宙空間を冒険する『スペース サイクリング』です。

装いを新たに多彩な天体ショーが楽しめる【天文館パオ】。
晴れていればお昼でも天体観察ができますよ。
【天文館パオ】の入館料は、一般200円、中学生・小学生は100円。
アクセスは、JR「綾部」駅から あやバスに乗り換え、
「中丹文化会館前(・)」停留所から歩いて2分ほどで到着です。

> MEETS THE KYOTO INFORMATION >>>>>>>>>

国指定重要文化財の「京都府庁・旧本館」で、
桜とともに文化体験や音楽イベントが楽しめる『観桜祭』が行われます。

一番の見どころは「旧本館」の中庭。
この地が京都守護職
松平容保の屋敷跡であることから名付けられた「容保桜」や、
京都では有名な「円山公園」のしだれ桜の孫「祗園しだれ桜」など7本の桜と、
「京都府庁・旧本館」のルネサンス様式の建物が融合した
フォトジェニックな景観が楽しめるスポットとなっています。

3月24日(土)10時からは、ブラスバンドの演奏や、
上桂御霊太鼓保存会のパフォーマンスがオープニングイベントとして行われ、
「観桜祭」期間中は、日本舞踊や琵琶演奏、
ピアノ演奏、藍染体験教室など、多彩な催しが行われます。
今年もぜひ、ここでしか見ることができない桜とイベントをお楽しみ下さい。

「観桜祭」
会期:3月24日(土)~4月8日(日)
会場:京都府庁・旧本館
問合:京都府・府有資産活用課 TEL 075-414-5435

goTop