KYOTO BLEND

20090420

今日は四条堀川の西側「岩上通り」にある老舗『掛札』をご紹介します。
元々は「染め物屋」さんでもあり、デザインから型彫り、染め物、縫製、仕上げまで、
全ての工程を手がけておられるお店です。
kakehuda1.JPGkakehuda2.JPG
何気に「掛札」さんの入り口に置かれている自転車。
よく見ると自転車に掛けてあるのも風呂敷なんです。
kakehuda3.JPG

そして店内は、
和テイストの模様に色とりどりの風呂敷がたくさん並べられています!
見ているだけでほっこりしちゃいますね。
kakehuda4.JPGkakehuda5.JPG

「掛札」の三代目「掛札英敬」さんに、
実際に風呂敷をおってもらいました!!
kakehuda6.JPGkakehuda7.JPG
風呂敷の裏が外側になるように、中表で三角に半分に折ります 。

kakehuda8.JPGkakehuda9.JPG
左右の角をそれぞれひとつ結びします。

kakehuda10.JPGkakehuda11.JPG
左右の結び目から先までの長さがだいたい揃っているか確かめて下さい。
(風呂敷の一辺の長さの1/4~1/5ぐらいの長さがあればちょうど良いと思います。)

kakehuda12.JPGkakehuda13.JPG
袋状になった風呂敷を、
表の面が外に出るように裏返して、左右の結び目を袋の中に入れ込みます。

kakehuda14.JPG
残った二つの角を上で真結びすると、完成です♪

花柄など柄も様々でオシャレな風呂敷!!
使い方次第で「エコバッグ」「巾着」「リュック」など様々なモノに変身しますよ☆★
kakehuda15.JPG

こちらは、「掛札」さんオススメの風呂敷!!
「花柄」や「葉っぱ柄」がオススメなんだそうですよ♪♪
kakehuda16.JPG
kakehuda17.JPG

goTop