LUXURY TIME

20091214

この「LUXURY TIME」では、
平日のアフターファイブや週末を華やかにしてくれる
お酒を紹介するとともに、
ホテル「ハイアット リージェンシー 京都」の魅力をお届けしています。

今日はシャンパンの製造にかかせない「瓶内二次発酵」と「熟成」についてのお話です!!
「瓶内二次発酵」は、シャンパンとして認められる条件の一つ。
葡萄ジュースの糖分がアルコールに変わる際に
自然発生した炭酸ガスを閉じ込めるために樽でもタンクでもなく、
ボトルの中で寝かせて再度発酵させることをいいます。
こうすることで、シャンパンのガス圧がさらに高まり、繊細で華麗な泡立ちができます。
瓶の中で3か月ほど発酵させたら、今度は、熟成期間に入ります。
熟成期間は、最低でも1年。
最長では6年という場合もあるそうです。
期間中は、ピュピトルという丸い穴が開いた台に、
シャンパンボトルの口を下に向けて並べ、1本1本を毎日少しずつ回転させます。

手間と時間をかけて熟成させながら、
発酵の際におり澱となって残る酵母を、ボトルの口=ボトルネックのほうに集めていきます。
集まった澱は、ボトルネックの部分ごとマイナス20度の溶液につけて瞬間冷却し、
栓を抜けば、凍った澱だけを取り除くことができ、より澄んだシャンパンとなります。
そして、澱を取り除いた部分が空白となるので、
原料が同じワインや砂糖を入れて補うことで、はじめてシャンパンが完成。
最後に入れる砂糖の量で、シャンパンの糖度が決定され、
甘口から辛口まで、様々な味わいの決め手となります。
特別なワインと呼ばれるからにはやはりそれなりの努力が隠れているものなんです。

辛口はさまざまな料理と合わせやすく、
デザート感覚で楽しめる甘口も多くの人を魅了して止みません。
気分に合わせて好みの甘さを選べる、そんな懐の深さもシャンパンの魅力の一つです。

年末のパーティーシーズン。
シャンパンをご家庭で冷やす場合、冷蔵庫なら2時間前。
氷を入れたワインクーラーなら30分前が目安となります。
1年の締めくくりを、極上のシャンパンタイムでお楽しみください!!

ここからはホテル「ハイアット リージェンシー京都」の魅力をご紹介します!!
今日は、クリスマスシーズンの特別な夜を演出するスペシャルディナー
「フェスティブメニュー」をご紹介します!!
レストラン「ザ・グリル」「トラットリア セッテ」では、
12月23日(水)~12月27日(日)までの期間限定で、「フェスティブメニュー」が登場します!!

ブッフェスタイルの朝食やボリュームのあるランチ、フレンチスタイルのディナーなど、
1日を通して利用できるレストラン「ザ・グリル」は、
フェスティブメニューとして、2種類のディナーコースを用意されています。
3547.jpg3549.jpg

ひとつめのコースは、
前菜として、濃厚な「フォアグラのテリーヌ」からスタート。
2品目の「平目のグリル」に続いて登場するメインディッシュは、
南フランス地中海沿岸の魚介類をふんだんに使った煮込み料理「ブイヤベース」。
または、赤ワインソースでいただく「京都鴨胸肉のロースト」をセレクト下さい。
デザートはクリスマスシーズンにふさわしく
「ブッシュ・ド・ノエル」と栗のアイスクリーム!!

2つ目のコースは…
野菜やキャビアとともにいただく「マグロのカルパッチョ」からスタート。
「コンソメスープ」「マスのポーチ」に続くメインディッシュは、
薪のオーブンでグリルした「熊本産テンダーロイン」!!
贅沢なトリュフソースで召し上がりください!!
デザートは、ピスタチオアイスクリームが添えられたフォンダンショコラとなっています。

続いてご紹介する正統派イタリアンレストラン「トラットリア セッテ」は、
6名掛け・8名掛けのテーブルもありますので、
グループやファミリーでゆったり食事をお楽しみいただけます。
90120-2.JPG90120-3.JPG

そんな「トラットリア セッテ」も2種類のフェスティブディナーコースを用意されています。
ひとつめのコースは…「平目と車海老のタルタル」からスタート。
2品目は、タラのマンティカートを詰め込んだ筒状のパスタ「カネロニ」。
メインディッシュは、
牛タン・地鶏・日吉ポークの自家製ソーセージと冬野菜が入った「ボリートミスト」。
「ボリートミスト」は、イタリアのピエモンテの多彩な肉類と野菜を煮込んだ料理です。
デザートは、パネトーネとマルサラ酒風味のパルフェをお楽しみ下さい!!

2つ目のコース…前菜は、「アンティパスト フェスティバーレ」。
2009年を締めくくるにふさわしいゴージャスな盛り合わせをお楽しみいただけます。
2品目のパスタは、ハーブを練りこんだ「グリーンタリアッテレ」。
3品目は、海老と魚のムース 舌平目とチリメンキャベツのロール蒸し。
そして、メインディッシュの「京都産 鹿のロースト」は、
相性抜群のカシスソースとともに召し上がりください!!
デザートは、「テリーナディチョコラータ クレーマアングレーゼ」です。

「ザ・グリル」「トラットリア セッテ」どちらのレストランも、
クリスマスを盛り上げるのにふさわしいお料理が揃っています!!
ぜひ、大切な人と素敵な時間をお過ごしください。
各レストランのディナータイムは、午後5時から午後10時まで。
ラストオーダーは、午後9時30分です。

詳しくは、コチラ!!

また、「トラットリア セッテ」に隣接している「ペストリーブティック」では、
現在、ウインターギフトの販売やクリスマス関連商品の予約を受付中!!
まず、今年のホリデーギフト!!
イギリス伝統の「クリスマスプディング」と
ドイツの伝統菓子「シュトーレン」がセットになって、販売されています。

そして、クリスマスケーキは、3種類。
1つ目は、ブッシュ・ド・ノエルをスタイリッシュな大人の雰囲気でアレンジした「ノエル」。
今年は渋皮栗の甘露煮をアクセントに加え、
クリームを3層に重ねた大人のチョコレートケーキとなっています。
チョコレートの贅沢な口どけをシャンパンやウィスキーとともにお愉しみください。

2つ目は、幸せを運ぶ天使の羽根をイメージして、
ホワイトチョコレートでイチゴのショートケーキを包みこんだ「ホワイトクリスマス」。

3つ目は、新登場の「ケーク・マンダリン」。
ケーキ生地にマンダリンのハードゼリーとコンフィ、ピスタチオを混ぜ込み、
しっとりと焼き上げた、形もユニークなケーキです。

ホリデーギフトのご予約は、来年1月3日まで。
店頭販売も、1月3日までです。
クリスマスケーキのご予約は、12月20日まで。
ケーキの受け渡しは、12月18日~12月25日までとなっています。
予約やお問い合わせは、
ザ・グリルが、電話075-541-3203
トラットリア セッテとペストリーブティックが、
電話075-541-3204となっています。

「ハイアット リージェンシー 京都」のHPはコチラ!!

goTop