今日だけのプレゼント、あります~♪

20100811

ここで、今日のPRESENTをご紹介しましょう!
今日は8月24日・火曜日、25日・水曜日の2日間、
北山にある「京都コンサートホール 大ホール」で行われる
「アジアユースオーケストラ 20周年記念 京都公演」に、
それぞれ25組50名様をご招待します!!

「アジアユースオーケストラ」とは、
中国、台湾、香港、日本、韓国、マレーシア、フィリピン、シンガポール、
タイ、ベトナムから選出された才能豊かな若い音楽家108名で構成された楽団です。

各地での厳しいオーディションをくぐり抜け、3週間のリハーサルキャンプに続き、
国際的に活躍する著名な指揮者やソリストとの3週間のコンサートツアーと、
毎年 夏に、6週間の活動を行っています。

この20年間に、「アジアユースオーケストラ」は・・・
チェロ奏者の「ヨーヨー・マ」、「ミッシャ・マイスキー」、
ヴァイオリン奏者の「ギドン・クレーメル」、「ギル・シャーハム」、
「リーラ・ジョセフォウィッツ」、「諏訪内晶子」、ソプラノの「エリー・アメリング」、
ピアニストの「アリシア・デ・ラローチャ」、「レオン・フレイシャー」、「ボザール・トリオ」、
トランペットの「ハーカン・ハーデンベルガー」など、
世界各国の著名なソリストと共演してきました。

また指揮者には、「セルジュ・コミッショーナ」、「アレクサンダー・シュナイダー」をはじめ、
設立者でもある「ユーディ・メニューイン」と「リチャード・パンチャス」などを迎えてきました。

「アジアユースオーケストラ」は、1990年のデビューから、
ニューヨーク・リンカーンセンターのエブリーフィッシャーホール、
ホワイトハウス、国連本部やハリウッド・ボウルなどで公演を行い、
また、2度のヨーロッパ・ツアーでは、
アムステルダムの「コンセルトヘボウ」やベルリンの「コンツェルトハウス」などで演奏しています。

1997年に香港と北京でおこなわれた香港返還式では、
タン・ドゥン作曲の「交響曲1997 天・地・人」の世界初演を、
ヨーヨー・マと演奏したのも記憶に新しいところですよね。
それは海外のオーケストラによる中国内ツアーとしては最長のもので、
客席10,000席にも及ぶ北京の人民大会堂での3度目の公演は
他に例を見ないものだったと言います。

このように、1990年以来「アジアユースオーケストラ」は、
世界182の都市で271公演を行い、113万人もの観客を魅了してきました。
また公演の模様はアジアの世界各国で放映されています。

世界中の観客を魅了してきた「アジアユースオーケストラ」の演奏を、
あなたもぜひ京都で体感してみてください。

「アジアユースオーケストラ 20周年記念 京都公演」は
8月24日・火曜日、25日・水曜日の2日間、
北山にある「京都コンサートホール 大ホール」で行われます。

24日・火曜日は、午後6時オープン、7時スタート、
25日・水曜日は、午後1時オープン、2時スタートとなっています。

そしてこの公演に、それぞれ25組50名様をご招待します!!
ご希望の方は、お名前・ご住所・電話番号・年齢、ご希望の公演日、
そしてメッセージを添えて、ご応募ください。
エントリーの締め切りは、この後夕方6時30分まで。
当選者は番組のエンディングで発表します。たくさんのエントリー、お待ちしています!

goTop