アンサ~☆

20071118

答えは②びゃっこ~。

今月からスタートした、平安神宮、八坂神社、上賀茂神社、松尾大社、
そして城南宮とが共同で企画した「京都五社めぐり~四神相応の京」。
この企画は『祭礼や伝統に触れながら、観光を楽しんでほしい』と
提案されたもので、タイトルにも出てくる四神とは、
平安神宮を中心に東西南北を守る神のことで、
北を玄武、南を朱雀、東を青龍、西を白虎が守っているのです。

ちなみにこの四神の姿は、奈良の高松塚古墳や、キトラ古墳にも
描かれていて、四つの神それぞれが
青龍→春
朱雀→夏
白虎→秋
玄武→冬
の四季を司っているそうですよ。

goTop