α-DAYLIGHT CALL~お出かけ情報~

20130127

来週の日曜日は、2月3日・・・節分の日です。
立春の前日にあたる「節分の日」には、
毎年、全国各地で豆まきなどの行事が行われています。
そこで今日は、α-エリアの【節分祭】の情報ををご紹介しました。

まずは、京都エリア・・・
京都市左京区にある『聖護院門跡』では、2月2日、3日に「節分会」が行われます。
2日には境内で護摩が焚かれ、3日に「追儺式」などの本格的な節分行事が行われます。
午後1時からの「追儺式」は、赤、青、黄の鬼に向かって、年男・年女のみなさんが豆をまき、
おとなしくなった鬼が、最後には一緒に豆をまく・・・というちょっと珍しい豆まき。
そして、午後3時からは『聖護院』が修験道・山伏のお寺ということで、
山伏による厄除け、開運の「採燈大護摩供」が執り行われます。
また、2日、3日の2日間は、通常は事前申し込みでしか見ることができない、
重要文化財の「不動明王」や本殿、宸殿の一部も特別公開されます。

つづいて、奈良エリアでは・・・
桜の名所、吉野山にある『金峯山寺』の「節分会」は
「福は内~、鬼も内~」と唱え、全国から追われてきた鬼を迎え入れようとするもの。
2月3日の午前11時から「鬼踊り」、正午から「大護摩供」、
そして午後1時から「福豆まき」が行われます。
また、周辺地域では2月1日から「鬼火の祭典」と題して様々なイベントも開催。
例えば、1日は「吉野山 鍋グランプリ」、1日、2日の夜は、
行灯が『金峯山寺』の境内に灯され、吉野の夜を幻想的に演出。
そんな中を2日の夜には、鬼たちが練り歩きます!!
そのほか、歌や和太鼓による「鬼火ライブ」、「仙人ぜんざい」の接待なども行われます♪

そして、滋賀エリア・・・
犬上郡多賀町にある『多賀大社』では、2月3日に「節分祭」が行われます。
本殿で宮司さんが祝詞をあげた後に、2人の怖~い鬼が舞台に登場!
島根県・因原地方に伝わる「鬼の舞」を激しく!荒々しく!!舞い、奉納します。
その後、鬼は豆をまかれ追い払われ、無事に厄払いの神事は終了。
つづいて、宮司さんが白羽の矢を射るのを合図に豆まきがスタートします!
豆まきをするのは、今年還暦を迎える年男・年女のみなさま。
境内に設けられた全長およそ200mの特設舞台にずらーーっと、
総勢200名以上の地元の方々が立ち、「福は内~!」の声とともに、福豆と福餅がまかれます。
多賀大社の豆まきは、午前11時と午後2時の2回行われます。ぜひお出かけください!

goTop