アルバム特集!『ポラロイド』

20140621

今日は、アナログレコード世代にオススメの一枚をピックアップ!
フィンランドを拠点に活動中のサックスプレイヤーで、大のヴィンテージ機材マニア・・・
「アンドレ・ソロンコ」のニューアルバム『ポラロイド』
20140621C's.JPG

北欧のAOR職人とも呼ばれる「アンドレ・ソロンコ」。
2005年に自らのスタジオを設立。
そこで自分の好きな古い楽器やアナログの機材を使って、
ヴィンテージ感たっぷりな音楽をひそかに発表していたところ、
フランスのとあるレコードレーベルのオーナーでもあるミュージシャンに見出されて、
その人物のバックアップのもとで、一昨年1stアルバムをリリース。
日本のAORファンやフリーソウル、レアグルーヴ系のDJ、ミュージシャンの間で静かなヒットを記録。

『ポラロイド』は、そんな1stアルバムに続く2ndアルバム。
今回も、ヴィンテージの鍵盤楽器やアナログ・シンセサイザー、
録音機材には年代物のオープンデッキなどを使って、
とことん!アナログの音質にこだわって作り上げられています。

お楽しみに・・・♪

goTop