第3回【KYOTO MISORUN】

20141212

先週からスタートした”新プロジェクト”【KYOTO MISORUN】。

 

京都の台所と和食を支えてきた「西京白みそ」を使って、

京都市内のさまざまな飲食店に、新しい”西京白みそメニュー”を開発していただきます!!

 

その”西京白みそメニュー”を毎週スタジオで実際に味わってお伝えするコーナーです。

毎回ゲストコメンテーターをお迎えして、2人でお送りします!!

今日のコメンテーターは、料理研究家で”おせち料理の専門家”小宮真由さんです。

 

1212MISORUN.jpg

 

では本日の”西京白みそニュー”をご紹介!!

まずは「omo cafe(オモ・カフェ)」さんの「西京味噌でつけ込んだ豚肩ロース肉のセット」

西京味噌でつけ込んだ豚肩ロース肉のセット.jpg

このメニューの”西京白みそポイント”は・・・

①西京白みそに、すりおろしニンニク、しょうゆ、酒、米酢、柚子マーマレードを合わせて、

お肉をつけ込む”マリネ液”として使用。

②ローストポークをこの”マリネ液”に2~3日つけ込み、味をなじませることで、

 コクがあってマイルドな味わいになります。

③豚肉は、沖縄産の「まーさん豚」を使用。ジューシーで柔らかいのが特徴。

 

 このメニューを食べた谷口キヨコ&小宮真由さんの感想は・・・

・味のバランスがすごく良い。

・お弁当のおかずにも合いそう。

 

「西京味噌でつけ込んだ豚肩ロース肉のセット」が食べられるのは・・・

錦小路麩屋町上ル西側にある「omo cafe」です。

 

セットメニューの”メイン料理”として登場しています。

お値段は、1550円。

 

食べられる時間帯は、お昼が午前11時~午後2時30分、夜が午後5時~9時30分まで。

期間は3月31日まで(1月2日から7日を除く)

          

 


続いては「bar alas(バルアラス)」さんの「豚の串焼き 西京味噌のソース」!!

豚の串焼き 西京味噌のソース.jpg

 

このメニューの”西京白みそポイント”は・・・

①西京白みそは、串焼きの”タレ”に使用。

②国産豚バラブロックをシェリー酒でひと晩マリネし、ズッキーニ、パプリカ、マッシュルームなど、

 日替わりの野菜とともに串焼き。

③シェリー酒と西京白みそをベースに作った”特製ダレ”をつけて、バーナーであぶっています。

 

 このメニューを食べた谷口キヨコ&小宮真由さんの感想は・・・

 ・西京白みそがスペインと日本をうまく融合している。

  ・食べごたえも十分、お酒(ビール)とも合う。

 

「豚の串焼き 西京味噌のソース」が食べられるのは・・・

木屋町通り御池下ル東側にある「bar alas(バルアラス)

 

値段は、2本1058円です!!

食べられる時間帯は、夕方5時から深夜2時。

期間は3月31日まで。

 

 


そして3軒目は「炭火串焼き 串くら本店」さんの「鶏の西京柚子味噌焼き」!!

鶏の西京柚子味噌焼き.jpg

 

このメニューの”西京白みそポイント”は・・・

①西京白みそを卵とみりん、砂糖で練り、仕上げに柚子の皮をすって”柚子味噌”にしています。

 食感に刻みゴボウを入れて、シャキッと歯ごたえアップ!!

②大山鶏(だいせんどり)など選び抜かれた鶏肉を、炭火で焼き、”柚子味噌”をぬって、

 オーブンで味噌に少しコゲが入る程度に焼く。

③最後にパリパリ食感の素揚げしたゴボウチップスを乗せて出来上がり!!

 

 このメニューを食べた谷口キヨコ&小宮真由さんの感想は・・・

 

・ゴボウと鶏肉でいろんな食感が楽しめる。

・このまま”おせち”に入れたい!

 

「豚の串焼き 西京味噌のソース」が食べられるのは・・・

高倉通り御池上ルにある「炭火串焼き 串くら本店」

 

“ランチ高倉定食のメイン料理として登場しています。

値段は、2300円です!!

食べられる時間帯は、午前11時30分から午後2時30分。

期間は1月末まで。

 

 

新プロジェクト【KYOTO
MISORUN

ブログ(http://misorun.jp/)もスタートしています!!

ぜひチェックしてください。

 

そして【KYOTO
MISORUN
】は、京都の情報誌『Leaf』と連動しています。

コーナー内でご紹介したお店を始め、「西京白みそ」を使ったさまざまなメニューを、

12月25日発売の『Leaf2月号』でもご紹介予定です!!

こちらもご期待ください。

 

KYOTO
MISORUN
】来週もお楽しみに!!

goTop